オプション取引は損失限定であれば証拠金は損失最大額に限られる

投稿者名:金守 遼太

あなたはオプション取引で要求される証拠金は、損失の最大額に限られていて、SPAN証拠金所要額は損失が無限大の時に計算されている必要額ということをご存じでしょうか?

例えば日経平均を30,000円で10枚空売りしていてコールをヘッジのために権利行使価格30,500円で買っていたとします。

このポジションだと日経平均が裏目にでて上昇した場合は30,500円を超えた部分は先物の損失とオプションの利益が相殺されてリスクがヘッジされることになります。

ところがさらに日経平均が上昇して先物のロスが大きくなってきた場合はオプション込みだとヘッジされますが先物だけみると損失が大きくなるので、証拠金でカバーできないことが生じる恐れがあると感じていませんか?

しかしそれは間違いで、リスクがヘッジされている=先物の損失をオプションの利益で補っている なので、コール買いでヘッジしていれば先物が証拠金を減らしてコールの含み益が証拠金を増やすイメージで、最大損失額が確定されていて追証は起きません。

証拠金シミュレーションによる確認

SBI証券の証拠金シミュレーションで確認してみましょう。

まず日経225ミニを10枚売ったとします。必要な証拠金は、今日現在で1,590,000円必要です。

SPANの計算によって最低限保有しておかなければならない額を必要証拠金と呼びます。

先物の売り建てポジションは損失が無限大なので、SPANの計算で算出すると1,590,000円必要だということです。

オプション買いの場合は損失限定なので必要証拠金は不要

次にコールを1枚買った時のシミュレーションです。

損失限定のため、失うのは当初組むときに支払ったプレミアム(下図では685,000円)を超える損失は出ません。

SPAN証拠金とは、損失無限大のポジションに対して、相場の変動をパターン化して最大値を取るものを採用します。

よって、相場の変動がいくらであっても、コール買いオプションは損失限定ですでにプレミアムは支払っているので、SPAN証拠金は不要です。

日経225ミニとコール買いのポジションは最大損失額が限定されている

次に、コールを1枚買って日経225ミニを5枚売る、いわゆるロングストラドルの証拠金を見てみましょう。

ロングストラドルは損失限定ですが、証拠金取引を行う日経225ミニを保有しているため、損失額がオプションプレミアムだけとはなりません。

その最大損失額がSPAN証拠金の524,000円と計算されます。

これはリスクカーブを見れば明らかです。

コール買い1枚と日経225ミニの場合は、最大損失額は折れ曲がった最大損失額を示した谷の頂点です。

リスクカーブは松井証券の松井スマートでシミュレーション可能で、ほぼSPAN証拠金に近い530,000円ほどが最大のリスクです。

オプション買いの時は証拠金をすでに証券会社へ預けている(支払っている)ため、損失限定額がオプションプレミアムのみであるのに対して、コール買い+日経225ミニではSPAN証拠金で計算すると必要証拠金を要求されます。

ただしすでにコール買い玉で520,000円を支払っていますので、要求額は最大損失までしか要求されません。

 

オプショントレード普及協会の学習コンテンツでは多岐にわたって学習することができます。

 

 

 

 

※当ブログは筆者の個人的な見解を示すものにすぎません。掲載しているデータの収集とその分析についても、筆者の個人的な視点に基づく分析であり、その有効性を保証するものではありません。解説においては、筆者の独自の視点で学習目的のために事例を簡略化している場合があるため、資料の中で紹介される事例は実際の相場とは異なる場合があります。取引事例についても、完全に再現しているものではなく、かつ、その有効性を担保するものではありません。また、本資料に含まれる記述や情報については十分精査しておりますが、その内容に関して筆者は一切責任を負いません。

※当ブログは過去の市場分析と戦略案を検討するものでありますが、取り上げている投資戦略についてはシミュレーション上のものであり、確実にそのような結果が出ることを示すものではありません。また、相場状況によっては損失が出ていた可能性も十分にあり得ます。当該シミュレーション結果が解説の中で説明した戦略の優位性や利益を保証するものではありません。よって、その内容を将来に当てはめて利益が出ることを保証するものではありません。投資手法の有効性などにつきましては、読者の皆様において十分に内容をご精査いただき、商品の特性、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分にご理解いただいたうえで、ご自身の投資判断と責任でお取引いただくようお願いします。

※株式取引(米国株式)、オプション取引(米国株オプション取引)においては、株式相場、為替相場の変動等によって損失が生じるおそれがあります。お取引に際しては、あらかじめお取引先の金融商品取引業者等より交付される契約締結前交付書面等を十分にお読みいただき、商品の性質、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分に御理解いただいたうえで、御自身の判断と責任でお取引いただきますようお願い申し上げます。
 

関連記事

   オプションについて配信しているメルマガを無料で購読できます    登録はこちら
TOP
TOP