オプション取引をスタートする際の悩みを解決するカバードコール

投稿者名:金守遼太

オプショントレード普及協会のメルマガを購読している方には、まだオプション取引を始めていない方もいます。

そこで、何がネックになってまだ取引していないのかを無記名アンケートでヒアリングしました。

第1位は「どの戦略から組み始めたらいいか分からない」です。

確かにオプション取引は戦略が多岐にわたり、選べるオプションもかなり多いので迷ってしまうでしょう。

今回はアンケート結果の集約と、フリーコメントペースに寄せられたコメントについて整理しました。

無記名形式なので個別に回答することはできませんので、コメントを寄せていただいた方がこの記事を読んでいただけることを願いします。

サンプルはオプショントレード普及協会メルマガ読者の約3,000人

今回はメルマガ読者さん約3,000人に確認しました。

本当は「まだ取引していない」という方に絞っても良いのですが、母数を増やすために公式メルマガ読者さんという幅広い層に確認しました。

質問内容は下記に絞りました。

<質問内容>

単純な売買でもレバレッジが高くて資金が必要
最近知ったばかりで、まさに今勉強中
株と合わせて取引したいけど、方法が分からない
忙しいからなかなか勉強時間が取れない
利益が出るメカニズムがまだちゃんと理解できていない
どの戦略から取り組み始めて良いのか分からない
いつ実際の取引を始めて良いのか分からない
証券会社にまだ口座開設していない
どの戦略がリスクが低く始めやすいのか悩んでいる
資金量のバランスが分からなく、いくらから始められるのか分からない
本業が忙しくて手を付けられない
今の相場にどんな手段で挑むか決められない
リスクの低い投資スタイルを探したい

チェックボックス形式にして一人で複数の項目をチェックすることが出来るタイプでです。

その結果、面白い結果を得ることが出来ました。

このように選択肢によって結果が分かれていて、全体の30%を超える回答は

  • 利益が出るメカニズムがまだちゃんと理解できていない
  • どの戦略から取り組み始めて良いのか分からない

この2択が最もネックになっていることが分かりました。

確かに日経225オプションはギリシャ文字(デルタ・ガンマ・セータ・ベガ)による利益が出るメカニズムがあるので、すぐ利益計算できるわけではありません。

また、戦略の多いオプション取引では、どの戦略が自分に合っていて、初心者でも安全に取引できるのかは実際に体験してみないとイメージが付きにくいかと思います。

 

次に多いのが全体の25%を占めている選択肢です。

  • いつ実際の取引を始めて良いか分からない
  • 低リスクな戦略で始めやすい取引をしたい
  • 資金量のバランス
  • 今の相場で通用する戦略

 

なお、忙しくて時間が取れない、本業が忙しいと答えていただいた方は少数です。

もっとも本当に業務が忙しい場合はこのアンケートに答えていただくことも不可能なので、集計結果が少ないのかも知れません。

でもトップ2に入っている項目は今の読者さんの悩みを表現したものとなっていると考えられます。

コメント欄の質問に関する回答

無記名アンケートフォームですが、コメントをいただいたのでこの場で返信しようかと思います。

  • 興味はありますがわからないことだらけです。特に資金面で。

こちらはおそらく資金バランスが湧かないと回答いただいた方だと思われます。

 

  • 最初の糸口がつかめないので、まずなにをどうスタートしたらよいのかわからない。

最近、学べば学ぶほど最初はどんなことを学べば効果的なのか、私も悩んでいます。

そのきっかけの一つとして、簡単なカバードコールを実践してみようという取り組みで、「米国株オプション入門スクール」を開講しました。

実際に株とコールオプションを持ってデモ取引してみれば、実感が湧きます。

 

  • オプション取引はある程度まとまった資金が必要なので、やはり敷居が高いといえるかと思われます。

そうですね。資金量の目安はよく質問されます。

米国株オプション入門スクールでは、50万円~100万円で、まずは体験してみようというコンセプトで企画してみます。

もちろん実弾投入をいきなりするということではなく、ワークショップ形式で株オプションを学んでいただけます。

 

  • そもそもどの商品を売買すればいいかもわからない。株と違い、売り買いだけでない難しさがある。

そうですね。

オプションは複雑な理論に基づいて価格決定されるので、売り買いするにもプレミアムを予測しないといけませんね。

その点も踏まえて「米国株オプション実践会」では、複雑な理論に基づかないで極めて簡易的な初心者でもわかるワークをして、オプションの性質を理解していただこうと考えています。

 

  • オプション取引口座の開設には投資経験が1年以上必要と聞いてます。やはり私の様な投資歴半年の者はもっと経験を積んでからでないとオプション取引をすべきで無いのでしょうか?
    オプション取引にとても興味があります。

投資経験を拡大解釈することもできるかもしれません。

ウソはいけませんが、「投資の勉強している期間」を含めてその時点からスタートしたら1年以上経ってたりしませんか。

オプショントレード普及協会のメルマガを取られているので、だいぶ前からオプションには興味があったのだろうし、さらにその前から株式投資を学んでいる期間があったはずですよね。

売買開始から丸1年と定義が決まっているわけではないので、解釈の問題でその課題をクリアすることは可能ではないでしょうか。

あと、資産を聞かれる項目もあるかもしれませんが、資産とは家や車、装飾品を含めて「資産」なので、「資金」と間違えないようにしてくださいね。

この悩みを解決できるのが「米国株オプション入門スクール」

以上のような悩みを、出来るだけ短時間で脳にインストールしてしまうのが「米国株オプション入門スクール」です。

個別株も種類がありますが、今回はカバードコールを題材にします。

米国株オプションを使ってカバードコールをすれば悩みの数が多い

  • 利益が出るメカニズムがまだちゃんと理解できていない
  • どの戦略から取り組み始めて良いのか分からない

これらが解決しますし、他の悩みもほとんど解決できるでしょう。

まとめ

メルマガ読者さん全体に質問を投げかけたところ全体の30%を超える回答は

  • 利益が出るメカニズムがまだちゃんと理解できていない
  • どの戦略から取り組み始めて良いのか分からない

でしたのでその問題を明らかにする米国株オプション入門スクールで米国株オプションの基礎になるカバードコールをマスターすれば、あなたの悩みも解決してオプション取引をやっている実感が湧くでしょう。

 

この記事を読まれた方は、ぜひアメリカ株オプションがカバードコールを実践するのに向いている理由もお読みください。

 

 

 

 

※当ブログは筆者の個人的な見解を示すものにすぎません。掲載しているデータの収集とその分析についても、筆者の個人的な視点に基づく分析であり、その有効性を保証するものではありません。解説においては、筆者の独自の視点で学習目的のために事例を簡略化している場合があるため、資料の中で紹介される事例は実際の相場とは異なる場合があります。取引事例についても、完全に再現しているものではなく、かつ、その有効性を担保するものではありません。また、本資料に含まれる記述や情報については十分精査しておりますが、その内容に関して筆者は一切責任を負いません。

※当ブログは過去の市場分析と戦略案を検討するものでありますが、取り上げている投資戦略についてはシミュレーション上のものであり、確実にそのような結果が出ることを示すものではありません。また、相場状況によっては損失が出ていた可能性も十分にあり得ます。当該シミュレーション結果が解説の中で説明した戦略の優位性や利益を保証するものではありません。よって、その内容を将来に当てはめて利益が出ることを保証するものではありません。投資手法の有効性などにつきましては、読者の皆様において十分に内容をご精査いただき、商品の特性、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分にご理解いただいたうえで、ご自身の投資判断と責任でお取引いただくようお願いします。

※株式取引(米国株式)、オプション取引(米国株オプション取引)においては、株式相場、為替相場の変動等によって損失が生じるおそれがあります。お取引に際しては、あらかじめお取引先の金融商品取引業者等より交付される契約締結前交付書面等を十分にお読みいただき、商品の性質、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分に御理解いただいたうえで、御自身の判断と責任でお取引いただきますようお願い申し上げます。
 

関連記事

   オプションについて配信しているメルマガを無料で購読できます    登録はこちら
TOP
TOP