オプション取引の学習に役立つ5つの取引条件を満たすオプション戦略とは

投稿者名:金守 遼太

オプション取引の学習を行うと、オプションはいろいろな戦略があることがわかります。

初心者の場合はどの戦略から考えればいいか迷ってしまいがちですが、初心者でも、手掛けやすい条件が揃った戦略があれば絞れるかもしれません。

ここでは下記の5つの条件を満たす戦略をお伝えします。

  • ①損失限定
  • ②損失が出た場合に次もエントリーする気になる損失額;リスク許容度によるがおおむねリスクにさらす資産の2~5%以内
  • ③流動性があること=約定させやすいこと
  • ④保有するポジションの数が多すぎないこと
  • ⑤瞬発力を必要とするものではないこと(例えば、瞬間的な価格の歪みを利益に変える等は困難です)

1.損失限定であること

オプション取引は損失無限大のポジションを取ることが容易にでき、オプションを売るだけで、ハイリスクな取引を実現する可能です。

オプション売り戦略は勝率の高さから人気があることは事実ですが、初心者には絶対おすすめしません。

特に日経225オプションは証拠金取引で、自己資金に対してレバレッジを掛けることができて、強制ロスカットタイプではなく追加証拠金を要求されるタイプなので、自己資金を超える損失を被る危険性があります。

よってオプション買い戦略を推奨しますが、常に掛け続けた場合にはオプション買い戦略は勝率が引くなります。

勝率の低さについては、この記事で紹介するような戦略を用いてエントリータイミングを計ることで勝率の低さをカバーすることを考えて、まずは損失限定のオプション買い戦略から学習を始めていくのが良いと考えます。

2.損失が出た場合に次もエントリーする気になる損失額

資金管理も重要な要素です。

リスク許容度によりますが、リスクにさらす資産の2%~5%以内、例えば100万円をリスクにさらすのであれば2万円~5万円が1回の損失の目安です。

慣れてくればもっとリスクにさらす量は多くなるでしょうし、オプション売り戦略を絡めたスプレッド売買を検討し始めると思いますので目安を守ることが無くなるかもしれませんが、最初はしっかりと損失の目安を守って取引して練習を積むことが何よりも大切です。

リスクを取り始めるのはオプション取引に慣れてきて、オプションが難しいと感じなくなってからでも遅くはないでしょう。

1の損失限定に加えて、損失額にも注意を払ってオプション取引を始めることを肝に銘じてオプション取引の学習を行ってください。

3.流動性があること

オプション取引では、流動性が重要です。

流動性の喪失は投資の成否を分ける重要な要素です。

株やFXと違って、オプションの銘柄は多いです。

日経平均株価の250円刻みごとにオプションが存在しますので、投資対象の量が多くなり権利行使価格によって流動性にばらつきが生じます。

オプション料が安いほど流動性は高く、特に100円未満のオプションの場合は呼び値が1円刻みなので取引しやすいですが、現在の日経平均株価と同じ権利行使価格のオプションの場合は流動性に注意が必要です。

特に初心者を狙って、オプションの流動性の低下を利用したずる賢い戦略を採用しているベテラン投資家もいます。

オプション流動性低下時に気を付けなければいけない点はオプション取引で心の隙を「ドーーン」と突く手口の暴露を参考にしてください。

4.保有するポジションの数が多すぎないこと

初心者がオプションを手掛ける場合には、1枚か2枚の取引に留めておいた方が良いでしょう。

オプション戦略の1つであるコンドルやバタフライは、1つの戦略でポジションを4つ取る必要があるため初心者にはポジション組成が難しい点があります。

オプションが4ポジションあっても慣れれば発注も容易になるほど熟練すれば問題ありません。

ポジションを4つ取った動画については、コンドルの4ポジションを松井証券のツールで実際に建てた事例を見るとどのように組成したのかを知ることができます。

脱初心者としてポジションを複数建てられるようになるまでは、発注の練習も兼ねてオプションの枚数は抑えて採用する戦略も最低限にしておきましょう。

5.瞬発力を必要とするものではないこと

相場の急変に対応する戦略は、瞬発力が必要となります。

特にデイトレードのようにその場その場で臨機応変に戦略を変えたりポジションを組みかえるような戦略は、4のオプションを複数枚建てる必要があるため練習が必要であり、さらに瞬発力も必要となります。

そのような急変タイミングを狙う戦略よりも、数日の間に戦略を手掛けられるタイミングがある戦略を採用するほうが初心者の学習段階には合っているでしょう。

初心者でも手掛けやすい手法として下記5つの戦略がお勧め

この5つの条件を満たす戦略について、プットオプション買いに加えてオプションと密接に関係する日経平均VI先物を取引する方法もあります。

ここでは5つ事例を紹介します。

1.上昇相場の終わり天井示唆プットオプション単体買い

まずは、テクニカル分析など自身の相場観を利用した、上昇相場が終わりそうな局面で天井を示唆する形となったときに逆張り的にプットオプションを買う戦略です。

この戦略については、オプション取引の学習を始めるなら、おススメはプット買い戦略からを参考にしてください。

2.コールクレジットスプレッド

天井付近に近づき、IVも相当程度低くなっている場面で、それほど上昇しないだろうが天井付近でうろうろもするかもしれない、と考えられる場合には、損失限定のポジションでとしてコールクレジットスプレッドを採用すると安心感・組成のし易さがあります。

コールクレジットスプレッドは、安い方の権利行使価格のコールオプションを売って、その売り代金を高い方の権利行使価格のコールオプションを買うことで賄う方法です。

例えばC19000を売ってC19250円を買うようなポジションのことを指します。

コールオプションは、権利行使価格が日経平均株価と一緒の価格と示すアットザマネーから、ややアウトオブザマネー(権利行使価格が日経平均株価よりも高い銘柄)の銘柄のほうがインプライドボラティリティが低い傾向にあるので、スマイルカーブ的にちょっとだけ有利なポジションができあがり有効です。

スマイルカーブとは

スマイルカーブとは、各オプション1つずつインプラドボラティリティ(=IV)が異なるので、各オプションのIVを縦軸にボラティリティ、横軸に権利行使価格として描画したカーブのことを指します。

スマイルカーブを見ると、ほとんどが上記のようにプット側が高くなり、コール側はフラットに近いカーブを描きます。

プット側が高い理由は、暴騰より、暴落が怖いと言う市場参加者の気持ちが表れていると言われています。

例えば「株で買いは家まで売りは命まで」という投資格言のように、下落に強いポジションを持つためにプットを買っていると考えられています。

なぜこのような形になるかという問いに絶対の正解は無いので、いろんな考えがあるでしょう。

理由として考えられるのは、日経平均は上昇より下落の方が起きやすいと市場参加者が考えているからであったり、下落の方がスピードが早いため下落したら困ると思っていて先回りして買っている人がいるから、プットが先回りして買われるためIVが高くなると考えられます。

このスマイルカーブでコール側のIVを見ると、アットザマネーからアウトオブザマネーにかけては「安い方が高く、高い方が安い」状態にあります。

この権利行使価格を用いてコールクレジットスプレッドを手掛けることで、スマイルカーブ上の優位性を狙う作戦です。

このコールクレジットスプレッドは、相場が大きく下落した後、大底を示唆した際に採用することも効果的です。

3.100円以下のオプション買い+mini(ポジティブガンマ)

100円以下と安くなっているアウトオブザマネーを買って、miniでデルタヘッジするというのも建てやすい戦略と言えます。

なぜなら、呼び値は100円以下であれば1円刻みなので、約定させやすい特徴があり初心者でも建てやすいポジションだからです。

さらにはデルタが0.1や0.2程度のアウトオブザマネーのオプションを選択してデルタヘッジをすれば、ガンマが小さいため相場の変動に対してデルタの動きが小さく扱いやすい戦略と言えます。

4.日経VI先物買い(VI指数が16以下で手掛ける)

上記の3つの戦略は、権利行使価格の選択により損失額をある程度コントロールする戦略です。

扱う銘柄数(枚数)が少なく、比較的流動性のあるものを利用すれば、誰でも実践可能な戦略という意味で手掛けやすいと思われます。

オプションを使う戦略とは別に、日経平均VI先物を使う方法もあります。

日経平均VI先物については、若干流動性が心配ですが今はマーケットメーカーもついていますので、平時であれば手掛けることは可能でしょう。

この動画では、日経平均VI先物が16ポイント以下になったときにエントリーしていたらどのような結果が出ていたかを示しています。

日経平均VI先物は、先物でありながら損失限定ポジションなので初心者にもお勧めの商品です。

5.日経VI16~17以下のときmini1枚買い+日経VI先物数枚買い

また、日経VI先物の特徴を活かした戦略としては日経先物miniを1枚買って日経平均VI先物を買う戦略もあります。

こちらはオプションではなく日経VI先物のある程度の特徴を知る必要がありますが、オプションの学習において勉強しがいのある戦略だと思います。

リバースカレンダースプレッドは難しい

そう相場が上がらずに下落する可能性が強いと思う時に仕掛けるスプレッドとして、ややアウトオブザマネーのコールオプションののリバースカレンダースプレッドという選択肢もあります。

ただ、動かない場合はタイムディケイでやられますし、中期的な下落可能性が高まると、期先の価格がなかなか下落せず(期先IVの上昇)、ダブルパンチを食らう可能性があることに注意が必要です。

今のオプション価格が正しくIVを織り込んでいれば、利益にも損失にもならないはずです。

市場の値付け(IV)に対し、自分はもっと動くと思えば買う、市場の値付けは過大評価でありそこまでは動かないと思えば売るということになります。

問題は、自分の予想が外れた場合にそのリスクを引き受けられるかです。

リバースカレンダースプレッドで注意すべきは、急騰・急落直後は期近のIVが噴いてしまっている場合がありますので、その時に仕掛けると失敗する可能性が高くなります。

しかも期先の流動性が悪く、エントリーできない可能性もあります。

リバースカレンダーは権利行使価格から離れるほどいいので、入れた後急反転、あるいはもっと突っ込んでしまっても利益になる可能性は残されています。

もちろんポジションをとったあと、そのあたりをうろうろされるとうまくいかない可能性が高いことに注意が必要です。

カレンダースプレッド系も基本は2銘柄の保有ですので、両方アットザマネーのリバースカレンダースプレッドよりも、ダイアゴナルスプレッド(異限月異権利行使価格のポジション)で期先をアウトオブザマネーの銘柄にする、等により手掛けやすくなる可能性はあります。

ダイアゴナルスプレッドは権利行使価格をずらすので、方向性のリスクを多少とることになりますが、手掛けやすくはなると思います。

他の戦略でも予想が外れた時のリカバリーに技術が必要

市場の値付けは過大評価だからといって、ショートストラドルで入り、その予想が外れ大暴落、となったときこれを引き受けられるかです。

それなりの資金を用意する必要もありますし、デルタヘッジなどのテクニックを用いる必要もあります。

市場の値付けは相当高いが、それ以上に動くと思って買った(ロングストラドル)ものの、その後そのあたりでうろうろしてしまい、IV低下、タイムディケイに対してどうするのかを考えておかなければなりません。

細かくデルタヘッジをしてタイムディケイの損失を回収しつつ、さらなるIVの上昇をねらうのか、ガンマからの利益を狙うべくデルタヘッジはせずにバイアンドホ―ルドに徹するのか。

なおIVが高いとき、ガンマは小さいため、相場が動かなくなると、デルタヘッジするほどデルタが変化せず、何もできないということもあります。

なお、手掛けやすいことが利益になるかどうかは関係がありませんのでご注意ください。

ポジションが単純であるがゆえに、とったリスクに対し読みが当たれば勝ち、外れれば負けということになりやすいのも特徴として覚えておきましょう。

まとめ

初心者がオプション取引をする際に満たしたい取引条件の5つとは

  • ①損失限定
  • ②損失が出た場合に次もエントリーする気になる損失額;リスク許容度によるがおおむねリスクにさらす資産の2~5%以内
  • ③流動性があること=約定させやすいこと
  • ④保有するポジションの数が多すぎないこと
  • ⑤瞬発力を必要とするものではないこと(例えば、瞬間的な価格の歪みを利益に変える等は困難です)

この5つであり、5つを満足して初心者が手掛けやすい戦略としては

  1. 昇相場の終わり天井示唆プットオプション単体買い
  2. コールクレジットスプレッド
  3. 100円以下のオプション買い+mini(ポジティブガンマ)
  4. 日経VI先物買い(VI指数が16以下で手掛ける)
  5. 日経VI16~17以下のときmini1枚買い+日経VI先物数枚買い

などが手掛けやすいと言えるでしょう。

しかし手掛けやすさと利益が出るかは別物なので、シンプルな反面、裏返しとして相場観を多少入れないと利益になりづらい戦略もありますのでご注意ください。

この記事を読まれた方は、日経225オプション取引に使う証券会社を選ぶ9つの基準も併せてお読みいただくとオプション取引を始める準備ができるでしょう。

 

 

 

 

 

関連記事

メルマガに登録するだけでオプション取引に関する情報が届きます。 メールマガジン登録はこちら
TOP
TOP