コンドルの4ポジションを松井証券のツールで実際に建てた事例

投稿者名:金守 遼太

コンドルの建て方として、初心者の方は4枚建てるのが難しいと感じているようです。

コンドルの4ポジションの建て方について質問が来ました。

オプション初心者の場合は一つずつポジションが約定するのを待ち、4つのポジションが揃うまで数日かかってしまうのですが、もっと上手くポジションを作る方法があるのでしょうか?というお悩みです。

あまりに時間がかかるので「コール・プットそれぞれのバーチカルスプレッドでもいいや」なんて思ってしまったり、損切りを入れたショートストラングルにしてしまったりします。

ただ、オプションを始める前に思っていたよりプレミアムは大きく動くので、20円や30円のプレミアムは簡単に2倍になってちょいちょい損切りに遭います。(損切り2倍設定です)

2万円や3万円なら個人的には許容範囲の含み損なので、やはりコンドルでタイムディケイを生かすのが今の自分のベストの戦略のように感じています。

となると、やはりポジションを作るのが一番厄介なところです。

ロングから先に注文した方が良いのかショートから先に注文した方が良いのか、そこからよく分かっていないのですが、複数のポジションを持つ場合どのようにするのが良いか教えていただけないでしょうか。

今は100円未満のオプションの呼び値が1円単位となり、昔に比べると約定ロスが非常に少なくなったと感じています。

ロングからとショートからについては、もし相場が急変するリスクを取りたくないならロングから建てたほうが良いですよ。

ショートストラングルを建てた瞬間に大地震やミサイル飛んでくるなどの大事件が起きたら目も当てられないので。

またはバーティカルスプレッドとして、クレジットスプレッドから組むのでもよいかと思います。

要は損失限定のポジションを崩さないように組んだほうが、安心感はあるということです。

それかスプレッドを泣いて板にぶつけるかですね。

実際のコンドルの組成をしてみた動画

コンドルを建てる時は、やっぱり時間がかかります。

事例として守屋先生がコンドルを組む瞬間を録画しています。

このくらい速く約定ができるのを目標にしていただけたらと思います。

使っているツールは、松井証券のネットストック・ハイスピードです。

コンドルが組めるようになれば、ロングコンドルを低コストで組めるweeklyオプションの威力を生かすことができるかもしれません。

 

 

 

 

※当ブログは筆者の個人的な見解を示すものにすぎません。掲載しているデータの収集とその分析についても、筆者の個人的な視点に基づく分析であり、その有効性を保証するものではありません。解説においては、筆者の独自の視点で学習目的のために事例を簡略化している場合があるため、資料の中で紹介される事例は実際の相場とは異なる場合があります。取引事例についても、完全に再現しているものではなく、かつ、その有効性を担保するものではありません。また、本資料に含まれる記述や情報については十分精査しておりますが、その内容に関して筆者は一切責任を負いません。

※当ブログは過去の市場分析と戦略案を検討するものでありますが、取り上げている投資戦略についてはシミュレーション上のものであり、確実にそのような結果が出ることを示すものではありません。また、相場状況によっては損失が出ていた可能性も十分にあり得ます。当該シミュレーション結果が解説の中で説明した戦略の優位性や利益を保証するものではありません。よって、その内容を将来に当てはめて利益が出ることを保証するものではありません。投資手法の有効性などにつきましては、読者の皆様において十分に内容をご精査いただき、商品の特性、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分にご理解いただいたうえで、ご自身の投資判断と責任でお取引いただくようお願いします。

※株式取引(米国株式)、オプション取引(米国株オプション取引)においては、株式相場、為替相場の変動等によって損失が生じるおそれがあります。お取引に際しては、あらかじめお取引先の金融商品取引業者等より交付される契約締結前交付書面等を十分にお読みいただき、商品の性質、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分に御理解いただいたうえで、御自身の判断と責任でお取引いただきますようお願い申し上げます。
 

関連記事

   オプションについて配信しているメルマガを無料で購読できます    登録はこちら
TOP
TOP