オプション取引の学習を始めるなら、おススメはプット買い戦略から

投稿者名:金守遼太

オプション取引の学習をこれから始めるなら、オプションの醍醐味が分かり非常にエントリータイミングが明確な戦略があります。

それがプット買い戦略です。

でもプットオプションを買うと言っても、タイミングに悩んでしまうことはありませんか?

その時に有効なのが日経VI指数を頼りにプット買い戦略を立てることです。

この記事では日経VI指数を用いたプット買い戦略のエントリータイミングについてお伝えします。

動画で学ぶだけじゃ理解はできない

オプショントレード普及協会では、各種の学習に役立つ動画をリリースしていますので、冒頭のプット買い戦略についても公開しています。

しかし、動画をいくら見続けても、実際に取引してみないことには実感はわかないのではないでしょうか。

特にオプション価格の変動は、実践してみてようやく理解できることが多いです。

先日も質問で、リアルタイムのデモ取引が無いか問い合わせがありましたが、残念ながらリアルタイムでは提供されておりません。

JPXが提供している先物・オプション シミュレーターシミュレーターを使うか、リスクが少ないオプションで実践してみるのが、もっとも学習効果が高いです。

実践にお勧めなのが「月末月初 日経平均VIが20以下のプット買い」

そうは言っても、何から始めたらいいか、おススメあれば助かる、という声もあるかと思います。

そこで、これらの提供コンテンツの中でもし初心者が取り組むのにお勧めな戦略があったらいいなと思いませんか?

それが、個人投資家向けオプション戦略シリーズの「月末月初 日経平均VIが20以下のプット買い」です。

こちらの動画で無料視聴できます。

この動画をご覧になって、エントリータイミングや考え方などを学ばれると良いかと思います。

この動画の内容で学んだ方は、2019年8月に建値が85円のプットを購入し、495円で利食いしたので、およそ40万円の利益を確定されました。

(日経225オプションは1000倍単位なので、495-85=410円→41万円)

タイミングさえ間違えなければ、大きく利益を取れる可能性があります。

そのタイミングを計るのが日経VI指数というわけです。

常勝戦略ではなく勝率は低いことに注意

もちろん、必ず勝てるわけじゃないという注意点も、動画ではしっかりと説明しています。

勝率は低いですが、当たれば大きく勝てる戦略です。

2018年は6戦3勝なので、勝率50%なのでちょうど半分です。

勝率が60%を割ると人間は続けられないものですが、もし日経VI指数を無視して毎月ルール通りにプットオプションを買っていたら、勝率はもっと低くなるでしょう。

この作戦は、勝つときの金額×勝つ確率(=期待値)を高めるために、日経VI指数を判断材料として勝つ確率を高める作戦です。

投資は勝つ金額×勝つ確率を計算すると、負ける金額×負ける確率とイーブンになると言われています。

イーブンにならないためには「エッジ」と呼ばれる優位性を見つけることが効果的ですが、その優位性の一つとなる可能性が、日経VI指数が20ポイントを割り込んだ時に実行するプットオプション買い戦略です。

オプション取引で何から始めたらいいか悩んでいる方は、この動画で学習すれば、エントリールールを学べます。

是非ご自身で動画をしっかりと視聴して、研究してみると良いでしょう。

プット買い戦略については、プット買いで株価下落時に123万円の利益を出した損失限定戦略も併せてお読みください。

 

 

 

 

※当ブログは筆者の個人的な見解を示すものにすぎません。掲載しているデータの収集とその分析についても、筆者の個人的な視点に基づく分析であり、その有効性を保証するものではありません。解説においては、筆者の独自の視点で学習目的のために事例を簡略化している場合があるため、資料の中で紹介される事例は実際の相場とは異なる場合があります。取引事例についても、完全に再現しているものではなく、かつ、その有効性を担保するものではありません。また、本資料に含まれる記述や情報については十分精査しておりますが、その内容に関して筆者は一切責任を負いません。

※当ブログは過去の市場分析と戦略案を検討するものでありますが、取り上げている投資戦略についてはシミュレーション上のものであり、確実にそのような結果が出ることを示すものではありません。また、相場状況によっては損失が出ていた可能性も十分にあり得ます。当該シミュレーション結果が解説の中で説明した戦略の優位性や利益を保証するものではありません。よって、その内容を将来に当てはめて利益が出ることを保証するものではありません。投資手法の有効性などにつきましては、読者の皆様において十分に内容をご精査いただき、商品の特性、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分にご理解いただいたうえで、ご自身の投資判断と責任でお取引いただくようお願いします。

※株式取引(米国株式)、オプション取引(米国株オプション取引)においては、株式相場、為替相場の変動等によって損失が生じるおそれがあります。お取引に際しては、あらかじめお取引先の金融商品取引業者等より交付される契約締結前交付書面等を十分にお読みいただき、商品の性質、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分に御理解いただいたうえで、御自身の判断と責任でお取引いただきますようお願い申し上げます。
 

関連記事

   オプションについて配信しているメルマガを無料で購読できます    登録はこちら
TOP
TOP