【米国市況概況】9月18日VVIX移動平均が若干下落トレンドを形成しつつあります

  • VIX
投稿者名:守屋 史章  金森 雅人

VIXの様子を視覚的にわかりやすくした独自のVIX指数タームストラクチャースクイーズチャートや、VIX/VIX3Mレシオ、VVIX/VIXレシオ、MOVE指数、米国債金利等を用いて2023年9月18日(月)の米国市場の様子を分析しています。

 

米国株式市場概況(NYダウ、S&P500、ナスダック総合指数)

NYダウ、S&P500、NASDAQともわずかに上昇しました。
昨日は手掛かりが無くFOMC前で動きが無かったように感じられます。

NYダウ

<TradingView提供のチャート>

S&P500

<TradingView提供のチャート>

NASDAQ総合指数

<TradingView提供のチャート>

VIX指数とVIX先物の関係

独自に作成したVIXタームストラクチャーを時系列に整理したグラフ

青が最新日を示しています。

9DAYとVIXが若干反応しました。

指数と先物の位置関係を示すグラフ

先物プレミアムは変わりません。

<vixcentral提供のチャート>

VIX先物とVIX指数の位置関係、および第1第2限月の幅

第1限月と第2限月の差は満期が近いため広がっています。
先物の形としては普通です。

<vixcentral提供のチャート>

コンタンゴチャート

<TradingView提供のチャート>

VIX指数タームストラクチャースクイーズチャート

独自に作成したVIX指数タームストラクチャーのスクイーズチャートです。

9月14日を境に上昇(縮まる方向)に推移しています。

<TradingView提供のチャート>

VIX/VIX3Mレシオ

VX/VIX3Mレシオのグラフです。

0.87と基準の0.9に近づいてきました。

<TradingView提供のチャート>

VVIX/VIXレシオ

VIXオプションから算出されるVVIXとS&P500オプションから算出されるVIXの比率を計算したVVIX/VIXレシオです。

VVIX/VIXレシオの移動平均は徐々に下向いてきました。
これのレシオが下向きになると相場に重荷を感じます。
VVIXとVIXが上がってきた場合には、下落トレンドの戻りを試したが届かなかったと判断できるかもしれません。

<TradingView提供のチャート>

SKEW指数

SKEWとVIXの関係を示したSKEW/VIXレシオです。

SKEW/VIXレシオは10を割り込んできます。
11を超えるとピークになりやすい傾向があり、2回目の11ポイントを超えた位置から急速に下げてきています。
数値が9ポイントを割り込むようだと相場が悪い方向に動き出すサインと言えるかもしれません。

<TradingView提供のチャート>

債券のボラティリティを示すMOVE指数

ようやく100ポイントを割り込み始めました。

<TradingView提供のチャート>

独自に作成した米国債イールドカーブ

時系列に整理しました。青が最新日です。

SPYのオーダーフロー

SPYのオーダーフローを分析します。

610万枚の買い圧力がオプションでありました。

昨日の動きは終始前日比より高い位置にいたのでプット売りが優勢で、2番目に来ているのはITMで売っているプットの買戻しだと考えられ、ほとんど短期の0DTEを使った日計りのトレードが中心だっと思われます。

気になるのが、11/17満期のC460にまとまった買いがありました。

コール買いの実需を考えると目先上昇を考えてる表れかもしれません。
引き続き注意しておきたいと思います。

 

<Marchet Cameleon提供>

まとめ

VVIXが上を向いてVVIX/VIXレシオが下向きを形成しつつある点が気になります。

VVIXやSKEWについては今のトレンドを分析できますが未来を予測できるものではありません。
今の上昇や下落が良い状況か悪い状況かを推測できる材料となるかと思います。

 

 

 

 

※当ブログは筆者の個人的な見解を示すものにすぎません。掲載しているデータの収集とその分析についても、筆者の個人的な視点に基づく分析であり、その有効性を保証するものではありません。解説においては、筆者の独自の視点で学習目的のために事例を簡略化している場合があるため、資料の中で紹介される事例は実際の相場とは異なる場合があります。取引事例についても、完全に再現しているものではなく、かつ、その有効性を担保するものではありません。また、本資料に含まれる記述や情報については十分精査しておりますが、その内容に関して筆者は一切責任を負いません。

※当ブログは過去の市場分析と戦略案を検討するものでありますが、取り上げている投資戦略についてはシミュレーション上のものであり、確実にそのような結果が出ることを示すものではありません。また、相場状況によっては損失が出ていた可能性も十分にあり得ます。当該シミュレーション結果が解説の中で説明した戦略の優位性や利益を保証するものではありません。よって、その内容を将来に当てはめて利益が出ることを保証するものではありません。投資手法の有効性などにつきましては、読者の皆様において十分に内容をご精査いただき、商品の特性、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分にご理解いただいたうえで、ご自身の投資判断と責任でお取引いただくようお願いします。

※株式取引(米国株式)、オプション取引(米国株オプション取引)においては、株式相場、為替相場の変動等によって損失が生じるおそれがあります。お取引に際しては、あらかじめお取引先の金融商品取引業者等より交付される契約締結前交付書面等を十分にお読みいただき、商品の性質、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分に御理解いただいたうえで、御自身の判断と責任でお取引いただきますようお願い申し上げます。
守屋 史章(もりや ふみあき)株式会社M&F ASSET ARCHITECT 代表取締役
【著者情報】
守屋 史章(もりや ふみあき)
株式会社M&F ASSET ARCHITECT 代表取締役
オプショントレード普及協会 主宰
宮崎県出身。
慶應義塾大学法学部法律学科卒、同法学研究科修士課程修了

個人投資家として企業数社に投資し、ビジネスオーナーを務める傍ら、証券などへの投資をも手掛ける。投資におけるオプション取引を普及させることを目的に、金森雅人氏と共同でオプショントレード普及協会を設立。短期トレーディングから長期運用まで幅広い投資ニーズをかなえる資産運用を研究している。
「オプションについて話せる仲間が見つからない」という孤独になりがちな投資の研究と意見交換を行える会員制のメンバーシップを中心に、個人投資家目線だからこその目からウロコの独創的アイデアと分かりやすい解説で、「わかる」「できる」をサポート。
資産運用を始めたい方へのバックアップや資産運用教育セミナー等を定期的に開催し、手厚いサポートと実直さで幅広い層から支持を得ている。
JPX(日本取引所グループ)主催のセミナー講師として登壇多数。日本におけるオプション取引の草分け的存在。
 

関連記事

   オプション取引に関する無料メルマガを購読できます    登録はこちら
TOP
TOP