株オプションで年利換算32.4%のインカムゲインを作った事例

投稿者名:金守遼太

株オプションを使うと、インカムゲインを生み出せます。

インカムゲインを生み出せば、配当額が小さくてリターンが少ない配当投資の弱点を補うことができます。

この記事ではオプションを使ってインカムゲインを生み出した事例を紹介します。

アメリカの優良企業でも配当利回りは2%~3%程度

アメリカの優良企業、S&P500に採用されている銘柄でも、だいたい2%~3%くらいの配当利回りです。

高くても5%くらいでしょうか。

配当投資は、キャピタルゲインと異なり利回りが低いのが難点です。

 

100万円の投資をしたら、年間5万円の配当を得られるイメージです。

仮に1億円持っていて年間500万円なら配当のみで生活できますが、わずか年間5万円じゃ、ちょっと魅力を感じにくいのではないでしょうか。

そこで、私が取引した事例を紹介します。

インカムゲインを作り出したことで、年利換算32.4%となりました。

A.O.スミスに投資した事例

アメリカのA.O.スミスという株があります。

米国と中国でNo.1の給湯器メーカーで、中国では浄水器でもシェア1位の企業です。

A.O.スミスは1874年に自転車部品メーカーとして創業し、1930年代から給湯器を製造しはじめ、貯蔵タンク・電気モーターなど複数の事業を売却し、2010年から現在のウォーターテクノロジー・ビジネスに事業を集中している企業だそうです。

 

この銘柄に、4,500ドル分投資をすると決めました。(だいたい45万円)

それで、インカムゲインは122.8ドルでした。(だいたい1万2千円)

投資期間1か月で終わり、45万円投資して、わずか1.2万円を得られたら、結構いい投資だと思えるのではないでしょうか?

 

私の投資スタンスはインカムゲイン狙いなので、株価の上昇は期待していません。

インカムゲインの利回りは、1か月で122.8÷4,500=2.7%でした。

2.7%の利回りが出たという事実だけでも、S&P500の配当利回りよりも高い部類に入りますね。

年利32.4%

もし年間利回りで計算すると、なんと年利換算32.4%です。

45万円投資して、1.2万円×12か月=14.4万円のインカムゲインです。

元本の3割をインカムゲインで利益として出せたという事例です。

 

何とも信じがたい利回りだと思えるかもしれませんがこの数字は1か月の投資を12か月分続けたらなので、皮算用的側面があります。

しかしながら、オプションを使うとこのような投資も実現することが可能です。

まとめ

使うのは、株に連動したオプション、いわゆる「かぶオプ」です。

日本ではまだ流動性が高くありませんが、オプションの本場アメリカでは、一企業のオプションの取引高が非常に高いために、このようなインカムゲインを狙った投資スタイルも行いやすいです。

日本でも早くこのような取引環境が実現することを願っています。

あなたもぜひオプションの使い方を米国株オプションスクールで学んで、このようなインカムゲイン投資を実践してみてください。

 

 

 

 

※当ブログは筆者の個人的な見解を示すものにすぎません。掲載しているデータの収集とその分析についても、筆者の個人的な視点に基づく分析であり、その有効性を保証するものではありません。解説においては、筆者の独自の視点で学習目的のために事例を簡略化している場合があるため、資料の中で紹介される事例は実際の相場とは異なる場合があります。取引事例についても、完全に再現しているものではなく、かつ、その有効性を担保するものではありません。また、本資料に含まれる記述や情報については十分精査しておりますが、その内容に関して筆者は一切責任を負いません。

※当ブログは過去の市場分析と戦略案を検討するものでありますが、取り上げている投資戦略についてはシミュレーション上のものであり、確実にそのような結果が出ることを示すものではありません。また、相場状況によっては損失が出ていた可能性も十分にあり得ます。当該シミュレーション結果が解説の中で説明した戦略の優位性や利益を保証するものではありません。よって、その内容を将来に当てはめて利益が出ることを保証するものではありません。投資手法の有効性などにつきましては、読者の皆様において十分に内容をご精査いただき、商品の特性、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分にご理解いただいたうえで、ご自身の投資判断と責任でお取引いただくようお願いします。

※株式取引(米国株式)、オプション取引(米国株オプション取引)においては、株式相場、為替相場の変動等によって損失が生じるおそれがあります。お取引に際しては、あらかじめお取引先の金融商品取引業者等より交付される契約締結前交付書面等を十分にお読みいただき、商品の性質、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分に御理解いただいたうえで、御自身の判断と責任でお取引いただきますようお願い申し上げます。
 

関連記事

   オプションについて配信しているメルマガを無料で購読できます    登録はこちら
TOP
TOP