米国株オプションの証拠金をTWSで簡単に確認する方法

投稿者名:金守遼太

あなたはアメリカ株オプションを取引する際に、証拠金を正しく把握出来ていますか?

証拠金が足りなくなると強制ロスカットとなり、任意のポジションを決済されます。その場合には保有しているポートフォリオを維持できなくなる恐れがあります。

国内株式投資などは自己資金の範囲で購入できる銘柄を選択しますので、証拠金取引ではありませんが、オプション取引はFXと同様の証拠金取引になりますので、投資対象の価格の上下の他に証拠金の増減についても注意しておかなければいけません。

ここではIB証券のTWSを用いた証拠金の算出方法とデビットスプレッドの証拠金、売り玉のみの必要証拠金ついて解説します。

style=”background: #ff9900; padding: 5px 10px; color: #ffffff;”>【目次】

1.TWSのリスクナビゲーターを起動

2.注意点

3.まとめ

 

1.TWSのリスクナビゲーターを起動

証拠金の算出にはTWSのリスクナビゲーターを使用します。
クラシックTWSの「リスクナビゲーター」アイコンをクリックします。

2016-07-21_235757

リスクナビゲーターのバーに書かれている「ポートフォリオ」「新規作成」をクリックします。

2016-07-22_000040

注意ウィンドウが出ますので「いいえ」を押します。

2016-07-22_000116

買い玉のみの必要資金

リスクナビゲーターの新規画面にティッカーコードを入力します。
今回はアップル(ティッカーコード:AAPL)を入力します。

2016-07-22_000156

AAPLの株式やオプションなどの保有できる銘柄リストが出てきますので、今回はオプションを選択します。

2016-07-22_000234

オプションを選択するとコールとプットの銘柄と限月、権利行使価格の選択画面が出てきます。
ここではJul 29’16の限月のコール100を選択します。

2016-07-22_000340

最初の画面に「AAPL JUL 29 ’16 100 Call」が追加されましたので、右のPositionの空白に建玉を記入します。
今回は1枚なので1を入力します。

2016-07-22_000420

リスクナビゲーターの数値が変化したことが分かります。
Net Liq:218USDとなっていますので、このポジションを保有するために218USDを支払っているポジションと言うことが分かります。
なお、この調査時の価格(Price)は2.18USDなので、100倍した218USDであることが分かります。

2016-07-22_000504

デビットスプレッドの必要資金

同様に「AAPL JUL 29 ’16 101 Call」を売ってみます。
銘柄を選定し、Positionに「-1」を追加すると、Net Liq:49USDと数値が減っていることが分かります。

この数値はコールの買い玉とコールの売り玉の差額になり、支払額が49USDのみで保有できることを意味します。

2016-07-22_000616

売りオプションの証拠金

では次にコールの売り玉を保有した状態の必要証拠金を算出します。

これまでに使用したリスクナビゲーターから、「AAPL JUL 29 ’16 100 Call」の買い玉1枚を「0」に書き換えると、コール101の売り玉だけが残ります。

この状態で「Maint Margin」をみると、2089USDと表示されます。
これはポジションを1枚保有するために必要証拠金は2089USD必要となっているということになります。

2016-07-22_000731

2.注意点

表示されているMaintenance Marginは日中の証拠金額である25%分になりますので、ポジションを翌日に持ち越す場合(オーバーナイトする場合)には50%に増額されますので注意が必要です。

また、証拠金は原資産価格の増減によって日々変わりますので、一度確認した後に放置すると思わぬ証拠金不足を招くことがあります。

3.まとめ

これによってTWSのリスクナビゲーターを使うことで、証拠金シミュレーションが出来ます。

ぜひ資金に余裕を持って取引をするように心がけましょう。

具体的な取引事例についてはLEAPS取引で7ヶ月利回り31.7%を得た具体的手順も参考にしてください。

 

 

 

 

※当ブログは筆者の個人的な見解を示すものにすぎません。掲載しているデータの収集とその分析についても、筆者の個人的な視点に基づく分析であり、その有効性を保証するものではありません。解説においては、筆者の独自の視点で学習目的のために事例を簡略化している場合があるため、資料の中で紹介される事例は実際の相場とは異なる場合があります。取引事例についても、完全に再現しているものではなく、かつ、その有効性を担保するものではありません。また、本資料に含まれる記述や情報については十分精査しておりますが、その内容に関して筆者は一切責任を負いません。

※当ブログは過去の市場分析と戦略案を検討するものでありますが、取り上げている投資戦略についてはシミュレーション上のものであり、確実にそのような結果が出ることを示すものではありません。また、相場状況によっては損失が出ていた可能性も十分にあり得ます。当該シミュレーション結果が解説の中で説明した戦略の優位性や利益を保証するものではありません。よって、その内容を将来に当てはめて利益が出ることを保証するものではありません。投資手法の有効性などにつきましては、読者の皆様において十分に内容をご精査いただき、商品の特性、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分にご理解いただいたうえで、ご自身の投資判断と責任でお取引いただくようお願いします。

※株式取引(米国株式)、オプション取引(米国株オプション取引)においては、株式相場、為替相場の変動等によって損失が生じるおそれがあります。お取引に際しては、あらかじめお取引先の金融商品取引業者等より交付される契約締結前交付書面等を十分にお読みいただき、商品の性質、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分に御理解いただいたうえで、御自身の判断と責任でお取引いただきますようお願い申し上げます。
 

関連記事

   オプションについて配信しているメルマガを無料で購読できます    登録はこちら
TOP
TOP