国債の利回りを知ることは最適なポートフォリオ構築のために必要不可欠な要素です。
そして知識として蓄えるだけではなく、実運用をする必要があります。

そこで初めて米国債に投資する方のために、米国債投資スタートパック」を販売しています。

今回はその米国債を利用した、ポートフォリオ構築講座です。

米国債運用(実践編)であなたが学べること

  • 米国債を利用したポートフォリオの構築
  • 米国債がデフォルトになるリスクの回避のアイディア
  • 100万円(1万ドル)で安定的に、堅い利回りはどのくらいか?

内容詳細

①米国債をレバレッジをかけて買う
②米国債と金
③米国債と米国債系オプション

・必ず右肩上がりという投資対象としては極めて稀な商品の扱い方とは?
・リターンが複利2.3%であり、借り入れが単利1.9%になると利益はどうなるのか
・償還時に一括課税されて期間中は税金がかからない投資スタイルの実現
・自分年金として活用できる考え方とは
・元本保証を利用する方法について
・満期になれば必ず得られる500ドルを他の投資で失っても元本保証になる
・現状の考えうる最強ポートフォリオとは?
・米国債がデフォルトする=市況が大混乱するとどうなるのか?
・国内金を保有は有効か?
・S&P500の25年前から考えたら十分な利益が出る計算の根拠
・国債の証拠金を確認する方法
・証拠金で取引できない商品とは
・不動産投資をする場合にはフルローンで借りるのは与信など条件が厳しいが、IB証券なら・・・?
・IB証券での金利の見方
・1000ドル分国債を購入し、900ドルの余力で戦うことが可能な計算方法
・組み合わせのLEAPS銘柄の事例
・プット売りは証拠金取引なので金利は不要
・GLDとIAUの2つのETF
・ETF買いは金利が発生する。ETF売りは貸し株料として金利が発生する
・自分の資金の範囲内でやるより借りた方が有利な理由とは
・ハイレバレッジで7500ドルを借り入れると7%の複利運用と同じ!
・レバレッジを掛けるともし万が一の破たんで大きなマイナスになるための措置
・レバレッジを掛けると資産は5倍になる計算。レバなしで1.2倍と、どちらが良いか?
・単利で25年で5倍にするには16%が必要、不動産投資で16%を出し続けるのは物件が良くないと厳しいが、国債で実現できる
・国債を買ってゴールではなく、運用再投資をしていく必要性

以上のような米国債に関するポートフォリオを、言われたから組みましたではなく、自分自身で納得して構築することが出来るようになります。

以下の方は参加するとより投資の選択肢が増えます

  • すでに米国債に投資している方
  • 米国債の利回りを他のトレードで向上させたい方
  • 米国債のデフォルトに備えたい方
  • すでに米国債を熟知しているが、最適ポートフォリオを自分で考えるのに限界を感じた方
  • 米国債投資を真剣に始めようと初めての米国債投資スタートパックを購入された方
  • 100万円以上の余剰資金を持ち、長期運用を考えている方
  • 短期売買のトレーディングよりも、長期投資が向いていると感じている方
  • 資産の分散を真剣に考えている方

参加要件

必須の参加要件はありませんが、米国2016-10-09-16-32-03債をIB証券で保有したことがある方へ向けた講義となりますので、まだ米国債を購入されていない方は、別途ご案内している初めての米国債投資スタートパックを購入し、米国債購入時の注意点や具体的手順を事前に学習しておくことを強くおすすめします。

国債はこのようなマンガが日経新聞に載るように、非常に安定感のある投資先です。

この投資先の利回りを向上させ、かつ万が一が起きても安泰に、むしろ万が一が起きたら利益が残るようにする考えを学ぶことが出来ます。

ちなみにマンガのような1.7%運用を国内の国債で行うのはかなり困難ですが、今回購入する米国債は、買った瞬間2.3%以上の利回りが確定する、確定利付国債となります。

 

特典

  • 初めての米国債投資スタートパックの購入割引権(64,800円→39,800円)
  • 私が運営するIB証券口座開設グループチャットへの招待
  • 米国債運用グループチャットへの招待
  • 10月29日に開催する普及協会ゼミへの参加権

さらに、この動画申し込み者さんにはぜひポートフォリオ構築まで行っていただきたいので、スカイプによるサポート権を用意しました。

私(金守)との1:1のスカイプサポートを1時間利用できます。

これによりさらにポートフォリオ構築の道がはっきりと見えてくるようになるでしょう。

申し込み前にご注意ください

国債を買ってゴールではなく、運用再投資をしていくことが前提となります。
また、今後金利上昇した際には理論的には金利上昇を対処する必要がありますので、現在の低金利の段階で投資をスタートする際には、IB証券での初回入金1万ドルを分散して1年毎に1000ドル、1/10ずつ分散することも検討に入れておく時期であるということをあらかじめご理解ください。

 

価格

39,800円

申し込み

今すぐ「米国債運用(実践編)動画版」に申込む

サービスを始めて購入する方(ログイン情報をお持ちでない方、忘れた方)はこちらの申し込みフォームからお求め頂けます。

注意事項

  • 証券会社はIB証券を利用しますので、取引には1万ドル相当の入金が必要です(詳細はIB証券に問い合わせください)
  • ドル建ての商品を扱いますので為替差損が生じます
  • 利益を保証するものではありません。理論的側面から戦略の優位性、銘柄のメリットを紹介するセミナーとなりますので、利回りの予測やバックテストによる効果検証は行いません。
  • 講師の体調等開催できない場合には返金処理にて対応させていただきますのであらかじめご了承ください。

追伸

もしクーポンコードをお持ちの方でコードを入力しても価格が適用されない場合は個別にご連絡ください。

その他不明な点がありましたらご連絡ください。

 

P.S.

下記のような電力債と不動産の空室リスク。これらの投資と比較して、国債を入れたポートフォリオは安全性の面および資金の回収可能性をぜひご自身で考えてみてくだいさい。2016-09-30-18-42-30

2016-10-07-22-31-20

メルマガに登録するだけでオプション取引に関する情報が届きます。 メールマガジン登録はこちら
メルマガに登録するだけでオプション取引に関する情報が届きます。 メールマガジン登録はこちら
TOP
TOP