IVとHVの大きな違い

投稿者名:金守遼太

 

 

 

IVとHVの大きな違い

 

 

 

これまで説明してきたHVとIV。

 

 

【HV】

過去の日経平均の変動のばらつきから算出

 

【IV】

下記のパラメータから算出

 

1.オプションの権利行使価格

2.満期までの残存日数

3.現在の日経平均の価格

4.オプション期間の無リスク金利

5.対象のオプションの価格

 

オプション価格がそれぞれ異なるため、

オプション一つ一つにIVが存在します。

 

 

 

使っている数値が違うので、HV≠IVです。

 

 

 

HVは元のデータが日経平均という一つの数値ですが、

IVはオプションごとに存在しています。

 

 

 

証券会社や算出ツールごとでもIVって違っていたりしますね。

 

それは金利や残存日数や

プレミアム算出のタイミング(大引けか日中かなど)

で変わってるんだと思います。

 

 

 

 

 

HV≠IVであっても、「歴史は繰り返す」と考えると、

 

フューチャーボラティリティ≒HV

 

と考えるのは妥当なことであり、

『結局振り返ればHVに回帰するんだね』

とも考えられるわけです。

 

 

 

だから1つの「目安」として

HVの水準を見てIVを予想する

という考えが成り立ちます。

 

 

 

実際のチャートも、

見方によってはIVがHVに回帰しているように見えるかもしれません。

 

 

 

ただ、「これから大暴落しそうだ」

ということは短期的にはIVの動きで

予測できるかもしれません。

 

しかし、直近に大暴落があった後だったら、

「市場は織り込み済み」

となって動かない場合もあります。

 

 

 

また、過去に大暴落したので

「また起きるかもしれない」

という投資家の心理は、

もしかしたらHVから推測できるかもしれませんね。

 

 

もっとも、これらはの指標は

オプションの特性を表している一部の指標に過ぎないので、

これらがオプションの全てを表現しているわけではないんですね。

 

 

 

 

 

■注意事項■

 

※当ブログは筆者の個人的な見解を示すものにすぎません。掲載しているデータの収集とその分析についても、筆者の個人的な視点に基づく分析であり、その有効性を保証するものではありません。解説においては、筆者の独自の視点で学習目的のために事例を簡略化している場合があるため、資料の中で紹介される事例は実際の相場とは異なる場合があります。取引事例についても、完全に再現しているものではなく、かつ、その有効性を担保するものではありません。また、本資料に含まれる記述や情報については十分精査しておりますが、その内容に関して筆者は一切責任を負いません。

 

※当ブログは過去の市場分析と戦略案を検討するものでありますが、取り上げている投資戦略についてはシミュレーション上のものであり、確実にそのような結果が出ることを示すものではありません。また、相場状況によっては損失が出ていた可能性も十分にあり得ます。当該シミュレーション結果が解説の中で説明した戦略の優位性や利益を保証するものではありません。よって、その内容を将来に当てはめて利益が出ることを保証するものではありません。投資手法の有効性などにつきましては、読者の皆様において十分に内容をご精査いただき、商品の特性、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分にご理解いただいたうえで、ご自身の投資判断と責任でお取引いただくようお願いします。

 

※株式取引(米国株式)、オプション取引(米国株オプション取引)においては、株式相場、為替相場の変動等によって損失が生じるおそれがあります。お取引に際しては、あらかじめお取引先の金融商品取引業者等より交付される契約締結前交付書面等を十分にお読みいただき、商品の性質、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分に御理解いただいたうえで、御自身の判断と責任でお取引いただきますようお願い申し上げます。

 

関連記事

メルマガに登録するだけでオプション取引に関する情報が届きます。 メールマガジン登録はこちら
TOP
TOP