IVが高いか低いか判定するには

投稿者名:金守遼太

 

IVについて高いか低いかどうやって

判定したらいいか質問が来ましたので回答しますね。

 

Q.

 

> オプションのトレードについてボラリティが大変重要なことが

> 理解できたのですが、IVのが高いとき(低いとき)の数値がわかりません

> 解ればその時々でどのスプレッドを仕掛けるか判断できる様になると思うのですが

> 平均的な数値とかあるのでしょうか?

> もちろん行使価格や限月でも違うと思うのですが。。。

 

 

A.

 

IVは個別のオプションが異常にずれているときはありますが、

たいてい一様に高くなったり低くなったりして、SQ直前はF-OTMが高くなります。

 

だからまずは全体のIVが高いかどうかを調べて、

毎月同じ日(SQから何週間前、とか)に観測していくと

徐々に感覚がつかめてくると思います。

 

 

それでこれまでのIVと比較してどうなのかというのは

オプション道場さんのボラティリティチャートを見ればわかりますよ。

http://www.option-dojo.com/

 

 

このページの右上にある「日経225オプション ボラティリティー・チャート」です。

 

今のHVとIVが載ってますよね。

今の底値圏を脱出したと言ってもいいんじゃないでしょうか。

IVが27.9%ありますよね。

 

 

これを基準に、相場がどうなったらIVが上がるか、

または下がるか?を定点観測すると分かってくると思いますよ。

 

 

でも高いからと言って必ず下がるわけでもないし、

低いままずーーーっと時間が過ぎることもあります。

 

IVがトレンドに従って上がり始めたらその波に乗って、

下がってきたら下がりきるまでベガショート戦略を使う。

こんなスタイルを取っているトレーダーさんが多いですね。

 

私もあまり逆張りはせずにトレンドに乗るようにしている・・・つもりです。

 

 

 

じゃあそのトレンドはどうやって判断するの?ですが、

これはやっぱり相場をウォッチングして

どういう相場の時に上がりやすいのかそうじゃないのかを観察するのが一番です。

 

観察するのはポジションを持っていたほうが

真剣に観察するのは間違いないですよ。

ただなんとなく眺めてても身が入りません。

 

自分が持ったポジションのIVを真剣に見るんです。

人によってはちゃんと記録して

まるで自分がポジションを持っているかのようにチェックできるかもしれませんが

私は実際にポジションを持たないと気合が入らないので^^;

 

それに相場全体のIVを見ていても、

良くわからないまま終わっちゃいますからね。

 

やっぱりF-OTMでもなんでも一度ポジションを建ててみて、

そのIVを見ていくというのが最も理解しやすいんじゃないかな~と思いますよ。

 

 

 

 

■注意事項■

 

※当ブログは筆者の個人的な見解を示すものにすぎません。掲載しているデータの収集とその分析についても、筆者の個人的な視点に基づく分析であり、その有効性を保証するものではありません。解説においては、筆者の独自の視点で学習目的のために事例を簡略化している場合があるため、資料の中で紹介される事例は実際の相場とは異なる場合があります。取引事例についても、完全に再現しているものではなく、かつ、その有効性を担保するものではありません。また、本資料に含まれる記述や情報については十分精査しておりますが、その内容に関して筆者は一切責任を負いません。

 

※当ブログは過去の市場分析と戦略案を検討するものでありますが、取り上げている投資戦略についてはシミュレーション上のものであり、確実にそのような結果が出ることを示すものではありません。また、相場状況によっては損失が出ていた可能性も十分にあり得ます。当該シミュレーション結果が解説の中で説明した戦略の優位性や利益を保証するものではありません。よって、その内容を将来に当てはめて利益が出ることを保証するものではありません。投資手法の有効性などにつきましては、読者の皆様において十分に内容をご精査いただき、商品の特性、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分にご理解いただいたうえで、ご自身の投資判断と責任でお取引いただくようお願いします。

 

※株式取引(米国株式)、オプション取引(米国株オプション取引)においては、株式相場、為替相場の変動等によって損失が生じるおそれがあります。お取引に際しては、あらかじめお取引先の金融商品取引業者等より交付される契約締結前交付書面等を十分にお読みいただき、商品の性質、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分に御理解いただいたうえで、御自身の判断と責任でお取引いただきますようお願い申し上げます。

 

関連記事

メルマガに登録するだけでオプション取引に関する情報が届きます。 メールマガジン登録はこちら
TOP
TOP