カレンダースプレッドはプット側が不利か

投稿者名:金守 遼太

> カレンダー戦略自体が上級者向けである。また、プット側でカレンダーを立てた場合、想定より暴落してしまうことが多いので、難しいということを聞きましたが、どう思われますか。

プット側でカレンダースプレッドを建てて暴落したら、インザマネーになって決済できずにプットコールパリティでSQまで粘る感じでしょうか。
しかも期近と期先それぞれプットコールパリティするというのは結構難しいですね。

想定より暴落、のほうが 想定より上昇 より可能性が高いとすれば、プット側でカレンダースプレッドより、コールのカレンダーのほうが両方ともOTMになるので決済しやすいと思います。
問題はこれから暴落するのか、急上昇するのか分からない点です。

過去の経験則で暴落のほうが頻繁に起きると思えば、コールカレンダーを選択したほうが無難です。

> 期近のIVが高いときなど状況を選ぶ必要があると理解しておけばいいということでしょうか

期近IVが高い時などのほかに、満期までの日数も影響されるので状況を選ぶ必要はあります。

 

> ダイアゴナルスプレッドは例えばコールで仕掛けた場合、想定通り上昇した場合でも、ボラティリティスマイルから期先のIVはあまり上がらず、あまり利益にならないのでしょうか。
> 逆にプットの場合は期先のIVがスマイルに沿って上昇するので利益になりやすいと考えていいのでしょうか。

ダイアゴナルスプレッドは、コール(プット)デビットスプレッド+カレンダースプレッドの合わせ技なので、この比較はコールデビットがいいかプットデビットが良いかの選択になります。

その点で考えれば理屈上はプットデビットのほうが、ボラティリティスマイルに従えば受け取りは多く、スマイルに沿って上昇しやすいと言えます。

ただしデビットスプレッド自体は組んだ後のIVの影響はほとんどないので(ベガが小さい)、理屈上はその通りでもあまり実感できるほどの差異はなく、リスクを最も受ける方向性(デルタ)に大きく影響されると思います。
なので、方向性を重視してコールかプットを選ぶほうが適切かもしれません。

 

 

 

 

■注意事項■

 

※当ブログは筆者の個人的な見解を示すものにすぎません。掲載しているデータの収集とその分析についても、筆者の個人的な視点に基づく分析であり、その有効性を保証するものではありません。解説においては、筆者の独自の視点で学習目的のために事例を簡略化している場合があるため、資料の中で紹介される事例は実際の相場とは異なる場合があります。取引事例についても、完全に再現しているものではなく、かつ、その有効性を担保するものではありません。また、本資料に含まれる記述や情報については十分精査しておりますが、その内容に関して筆者は一切責任を負いません。

 

※当ブログは過去の市場分析と戦略案を検討するものでありますが、取り上げている投資戦略についてはシミュレーション上のものであり、確実にそのような結果が出ることを示すものではありません。また、相場状況によっては損失が出ていた可能性も十分にあり得ます。当該シミュレーション結果が解説の中で説明した戦略の優位性や利益を保証するものではありません。よって、その内容を将来に当てはめて利益が出ることを保証するものではありません。投資手法の有効性などにつきましては、読者の皆様において十分に内容をご精査いただき、商品の特性、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分にご理解いただいたうえで、ご自身の投資判断と責任でお取引いただくようお願いします。

 

※株式取引(米国株式)、オプション取引(米国株オプション取引)においては、株式相場、為替相場の変動等によって損失が生じるおそれがあります。お取引に際しては、あらかじめお取引先の金融商品取引業者等より交付される契約締結前交付書面等を十分にお読みいただき、商品の性質、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分に御理解いただいたうえで、御自身の判断と責任でお取引いただきますようお願い申し上げます。

 

関連記事

メルマガに登録するだけでオプション取引に関する情報が届きます。 メールマガジン登録はこちら
TOP
TOP