9月SQのトレードを振り返ってみよう!その1

投稿者名:金守遼太

 

今日はメジャーSQでした!

あっさり波瀾なく通過し、注目は民主党代表戦かな?

 

ということで、

私がこれまでトレードしていた9月SQの

レシオスプレッド&カレンダースプレッドについて、検証としてまとめます。

 

まとめの記事はみなさんお好き?

ただリンク貼ってるだけじゃん( ̄Д ̄;)といわずに、

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

↑ ↑ ↑

これ押して応援してください♪

 

 

9月SQ振り返り

 

 

まずエントリー記事から。

 

 

ここで、けっこう壮大な今後の予測をしています(≧∇≦)

表にすると、理論立てて説明しているみたいでちょっぴり知的♪

 

 

ただ、中身は結構外れてましたね(^^;)

特に弱含みっぽいこと書いていて、

トレード構想にもデルタを若干マイナスに、なんて下落予想に傾けていましたが、

一つ目の誤算は「デルタが思ったよりマイナスだった」ということ(^^;)

 

自宅PCに張り付けないので、

つい頭の中の計算が狂ってしまいました(´ヘ`;)

暑さのせい?(・∀・) ←言い訳

 

 

そして二つ目の誤算は、日銀の白川総裁、出張から帰ってきてるじゃん( ̄Д ̄;)

 

まぁ日銀の発言でダウがぶれるのもあまり考えにくいので、

それほどインパクトはないかなと思ってましたが。

 

 

そして三つ目はポジティブサプライズが起きたのに粘ってポジションを持ってしまったこと。

 

最初に結論になってしまいましたが、

この三つが今回の反省点かな、と思います。

(あ、二つ目は軽いジョークです(^^;)日銀の動きでうろうろしたわけじゃないですよ)

 

 

 

それで、建てたレシオスプレッドのポジション推移が

日経平均が徐々に上がって値洗いが悪化し、

こうなってこうなってこのように暴落して値洗いが良くなりました。

 

最初は値洗いがマイナスだったので嫌だなぁと思いながら

ガマンの放置を続けてプラスに転じています。

 

ここまで保有して待ち続けられるか(幅を持たせられるか)

というのがセータプラスのポジションで利益を出すポイントのような気がします。

 

 

で、さらに放置して値洗いがさほど良くならないため、

トレード構想で目標とした+100を実現するために

ここでカレンダースプレッドを仕掛けました\(^▽^)/

 

 

 

カレンダースプレッドを仕掛けるのは、

セータプラスを増幅させるため。

 

そのうち説明しようと思っていますが、

カレンダースプレッドの仕掛けのポイントとしては、

 

デルタニュートラルにすると

ガンマ-

セータ+

ベガ+

という基本ポジションのため、

一番の理想は

 

「市場が動かないけどIVが上がるタイミング」

 

で仕掛けると利益が増える、というポジションです。

 

 

 

・・・といってもそんなタイミングっていつ??

 

というほぼありえない状況なので(汗)

結局はセータの利益がIVの下落を上回るときが

仕掛け時になるのかなと思います。

 

 

 

セータのプラス幅が大きくなるのはSQ前2週間くらいからなので、

そのあたりで仕掛けるとタイムディケイの恩恵にあずかれる

かなと思います。

 

 

今回のもSQまで日数がないときですからね♪

 

 

 

 

しかし一方でセータプラスの分だけガンママイナスになるため、

市場の変動には弱くなるというデメリットもあり、

その2つのバランスを図るのがトレーダーの役目になります。

 

 

私は今回カレンダーを用いたのは

相場がもみ合いになると【予想】してカレンダースプレッドにしました。

もみ合いの【確信】があればショートストラドルを仕掛けるべきですが、

そこまでの自信が無いためカレンダースプレッドにしました。

 

 

 

ここでの反省としては、一つ目の誤算であるデルタを放置し、

さらにデルタニュートラルへの修正を怠ったことですかね。

 

デルタマイナスのままトレードを続けることになり、

米雇用統計のポジティブサプライズで値洗いがさらに悪化してしまいました(^^;)

 

 

ここで損切りするのがトレード戦略に従うことなのですが、

苦し紛れに苦渋の決断といいながら損失をカバーできる(かもしれない)戦略にシフトしました。

 

 

で、

けっきょくポジティブサプライズは長く続かずに

徐々に下がったため値洗いが少し回復し、

ダウ急落による日経平均急落で9,000円に近づいたため、

値洗い換算をせずに迷わず全て決済しました(ノ_-。)

 

その結果、たまたまプラス収支で手仕舞いが出来た、というわけです。

 

 

 

 

 

あとがき

 

 

最後の手仕舞いの記事に書いているように、

そのまま持ち続けたら+200でした。

 

けどこれは完全にタラレバの世界なので、

もったいなかったと思いますが後悔しないようにしています。

(実は後悔したいですが(・∀・))

 

 

ただ、途中でデルタ-100のような先物1枚のポジションになってしまったこと自体

リスクになってしまっているわけで、

そのまま我慢して持ち続けるだけの

トレード構想や資金力や度胸がある人ならそうしたら良いと思います。

 

私は負けにくいトレードを目指しているので、

途中で利益追求から損切りシフトに移行した、というわけです。

 

ここはトレーダーによってさまざまであり、

どのような考えで行くかはその人次第のところですね。

そこがトレードの醍醐味?ということで(^^)

 

 

 

次回は投資効率や値洗い推移のグラフを作ってみたいと思います♪

楽しみに待っている方はコメントしてくださいね~\(^▽^)/

 

 

 

 

■注意事項■

 

※当ブログは筆者の個人的な見解を示すものにすぎません。掲載しているデータの収集とその分析についても、筆者の個人的な視点に基づく分析であり、その有効性を保証するものではありません。解説においては、筆者の独自の視点で学習目的のために事例を簡略化している場合があるため、資料の中で紹介される事例は実際の相場とは異なる場合があります。取引事例についても、完全に再現しているものではなく、かつ、その有効性を担保するものではありません。また、本資料に含まれる記述や情報については十分精査しておりますが、その内容に関して筆者は一切責任を負いません。

 

※当ブログは過去の市場分析と戦略案を検討するものでありますが、取り上げている投資戦略についてはシミュレーション上のものであり、確実にそのような結果が出ることを示すものではありません。また、相場状況によっては損失が出ていた可能性も十分にあり得ます。当該シミュレーション結果が解説の中で説明した戦略の優位性や利益を保証するものではありません。よって、その内容を将来に当てはめて利益が出ることを保証するものではありません。投資手法の有効性などにつきましては、読者の皆様において十分に内容をご精査いただき、商品の特性、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分にご理解いただいたうえで、ご自身の投資判断と責任でお取引いただくようお願いします。

 

※株式取引(米国株式)、オプション取引(米国株オプション取引)においては、株式相場、為替相場の変動等によって損失が生じるおそれがあります。お取引に際しては、あらかじめお取引先の金融商品取引業者等より交付される契約締結前交付書面等を十分にお読みいただき、商品の性質、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分に御理解いただいたうえで、御自身の判断と責任でお取引いただきますようお願い申し上げます。

 

関連記事

メルマガに登録するだけでオプション取引に関する情報が届きます。 メールマガジン登録はこちら
TOP
TOP