8月SQショートストラドルのトレード構想

 

それでは、昨日書けなかった8月SQのショートストラドルの

トレード記録と構想を書いてみたいと思います。

 

今日の目次です。

■ショートストラドルを建てた理由

■リスク分析

■編集後記

 

クリックしてくださーい⇒にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

 

 

 

トレード記録

 

 

・市況概況

日付 日経平均先物終値  騰落レシオ 
 7/28(SQまで12日)   9,500円(前日比+10円 ) 73.5

 

 

・取引履歴

 

 取引区分   約定価格   コール   権利行使価格   プット   約定価格   取引区分 
新規売建 200 -1 9,500 -1 215 新規売建

 

 

・後場終値時点のリスク感応度

 デルタ   ガンマ   セータ    ベガ  
-2 -16 +16 -14

 

 

・後場終値時点の値洗いと証拠金

 値洗い   35 
 必要証拠金   617,380円 

 

 

ショートストラドルを建てた理由

 

 

まず構想ですが、

私は相場がもみ合いに入るのではないかと考えています。

 

 

世界経済(特にダウ)については、

欧州のストレステストを通過したものの、

内容についてはイマイチ確信のもてない結果(デキレースでは?という意見もあり)のようで、

引き続き悪材料が飛び出たら一気に下落しそうな気がしています。

 

 

一方の日経平均は、

目先年初来安値の9091円割れは回避したものの、

相変わらずダウと一蓮托生であり、

日本経済に好材料が起きてもなかなか上向かないのが実情。

 

 

一方チャートから読み取っても、前回SQ値(9636円)が抵抗線となっていたり、

日経平均先物の25日移動平均線が9570円近くにあったり、

チャーティスト(=チャートは全てを物語ると考えるカプラン派(こちらの記事参照)の人)

から見ても上値は行きづらい格好のようで。

 

(※私はチャーティストではないので、

あまり移動平均船とか一目均衡表とかは重視してません。参考にしますけど)

 

 

とはいえ、ストレステストを通過したのは事実で、

多少なりともダウは目先上昇するかな~とも予想できます。

 

 

 

 

なので結論はもみ合いなのかな、と。

 

それでSQまで3週間を切ってきたので、

タイムディケイで稼ぐセータプラスのポジションを選択肢として考慮した結果、

タイトルにも書いているショートストラドルを選択したわけです。

 

 

 

 

リスク分析

 

 

ちょうどこれまで説明してきたとおり、

このポジションはガンマショートです。

 

私は今回ガンマショーターです(^^)

といっても、巷ではガンマショートのみを専門としてトレードする人をさすかもしれませんが。

なんちゃってガンマショーター?( ̄Д ̄;)

 

 

 

 

リスクはズバリ相場が大きく動くことになります。

 

よってリスク分析としては、

どれだけ変動に耐えられるポジションかということになります。

 

 

 

 

アット・ザ・マネー(ATM)でショートストラドルを実行したので、

デルタはニュートラルに近いです。

 

 

ガンマは-16。

ということは、ざっくり考えると100円変動するとデルタは-16になり、

ポジションの値洗いは-16だけ悪化します。

 

 

一方のセータは+16

ちょうどガンマと同じですね。

セータはタイムディケイ=オプション価値の1日の減少分なので、

1日経つと値洗いは+16向上します。

 

 

 

よって、

明日

原資産が同じところにいれば値洗いは+16、

原資産が±100円だったら値洗いは±0、

原資産が±200円だったら値洗いは-16、

・・・・

2日後

原資産が同じところにいれば値洗いは+32、

原資産が±100円だったら値洗いは+16、

原資産が±200円だったら値洗いは±0、

・・・・

となっていきますね。

 

 

だから原資産の変動が最大のリスクであり、

穏便に経過することを願うのがガンマショーターの特徴です。

 

 

 

と、話がそれましたが、

このようなガンマリスクを把握した上で、

今後のトレード戦略を立てていくことになります。

 

 

 

 

・・・長くなったので、トレード構想は明日書きます(ノ_-。)

 

 

 

 

 

ちなみに、ベガがマイナスなので、

インプライドボラティリティ(IV)が下がると値洗いが向上します。

ココはまだサイト内で説明していませんが(^^;)

 

インプライドボラティリティ(IV)が下がる=相場がもみ合いになる

という観点からも、相場が動かないと嬉しいわけです。

 

※逆に考えれば相場変動が大きいとガンマ&ベガの

ダブルパンチを食らいます(--;)

 

 

 

 

編集後記

 

 

記事中のカプラン派は私が勝手につけました。

どこのサイトにもカプラン派、OPボラ派なんて載ってないと思うので、

「それは聞いたことがない」なんて言わないよーに(≧∇≦)

 

久しぶりにエントリー記事を書いたら、筆が遅い遅い・・・

これじゃ変化の速いオプショントレードには付いていけません(´・ω・`)

 

 

そんなわけで続きは↓のブログランキングをクリックしてお待ちくださいm(_ _)m

関連記事

メルマガに登録するだけでオプション取引に関する情報が届きます。 メールマガジン登録はこちら
TOP
TOP