売り待ちしている人がいてコールの値段が上がらない

  • IV
投稿者名:金守遼太

前回掲載した質問に対して、

さらなる補足です。

 

このように双方向のやりとりで知識をつけていただいています。

 

> 回答の中で
> 「説明したのは日経平均の上昇で
> IVが下がるということなので、
> 売り待ちしているところに買い上げていく人が決済されて、
> 高い価格には売り待ちしている人が
> たくさんいれば日経平均が上昇しても
> コールの値段がなかなか上がらない。」
> とあるのですが、
> 「高い価格には売り待ちしている人が
> たくさんいれば日経平均が上昇して
> もコールの値段がなかなか上がらない。」
> のところがよく理解できないので説明をお願いします。

 

 

例えば今の日経平均が14,500円で、
C14500を300円で買ったとします。

 

ATMなのでデルタは0.5、
つまり日経平均が100円上昇したら
コールは50円上昇して350円になるはずですよね。
(ここではとりあえずガンマは抜きにして)

 

 

その時のプレミアムは、
300円で約定していたものが
日経平均の上昇とともに305円、310円、315円・・・と
だんだん買い進められていきます。

 

 

買う人がいるということは
売る人がいないといけません。

 

買い進めるということは
それだけ売る人もいるということです。

 

そして305円で売り待ちしていた人が全ていなくなると
310円に価格が移っていき、
310円の人が全ていなくなると315円というように、
売り注文が全て買い注文で決済されて
価格が上がっていきます。

 

ところが、320円で膨大の量の
売り待ちがあったらどうでしょう。

 

仮に1日5000枚約定するのが一般的だとした時に、
(これはたとえの数値ですよ)
6000枚の売り注文が待っていたら、
買い圧力は320円の壁を超えられず、
6000枚が全てなくなるまで
320円のままになります。

 

これが日経平均が上昇しても売り待ちがいると
デルタの分だけ綺麗に上がってくれない、
じゃあこの差が何かというと
IVが低下したと言われるわけです。

 

 

 

 

■注意事項■

 

※当ブログは筆者の個人的な見解を示すものにすぎません。掲載しているデータの収集とその分析についても、筆者の個人的な視点に基づく分析であり、その有効性を保証するものではありません。解説においては、筆者の独自の視点で学習目的のために事例を簡略化している場合があるため、資料の中で紹介される事例は実際の相場とは異なる場合があります。取引事例についても、完全に再現しているものではなく、かつ、その有効性を担保するものではありません。また、本資料に含まれる記述や情報については十分精査しておりますが、その内容に関して筆者は一切責任を負いません。

 

※当ブログは過去の市場分析と戦略案を検討するものでありますが、取り上げている投資戦略についてはシミュレーション上のものであり、確実にそのような結果が出ることを示すものではありません。また、相場状況によっては損失が出ていた可能性も十分にあり得ます。当該シミュレーション結果が解説の中で説明した戦略の優位性や利益を保証するものではありません。よって、その内容を将来に当てはめて利益が出ることを保証するものではありません。投資手法の有効性などにつきましては、読者の皆様において十分に内容をご精査いただき、商品の特性、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分にご理解いただいたうえで、ご自身の投資判断と責任でお取引いただくようお願いします。

 

※株式取引(米国株式)、オプション取引(米国株オプション取引)においては、株式相場、為替相場の変動等によって損失が生じるおそれがあります。お取引に際しては、あらかじめお取引先の金融商品取引業者等より交付される契約締結前交付書面等を十分にお読みいただき、商品の性質、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分に御理解いただいたうえで、御自身の判断と責任でお取引いただきますようお願い申し上げます。

 

関連記事

メルマガに登録するだけでオプション取引に関する情報が届きます。 メールマガジン登録はこちら
TOP
TOP