昨日の「あとがき」の反響

投稿者名:金守遼太

 

昨日の記事のあとがきに、○○さんのことですよ!

ってコメントしましたが、

 

今メールのやり取りしている方から

「それ、私のことですか?」

というメールをいただいちゃいました(≧∇≦)

 

ほとんどの方は違いますのでご安心を(^^)

 

もちろん当事者にはちゃんと分かるようにメールしているので、

分かると思いますけど(*’ー’*)

 

 

あ、結構周りの人のポイントが落ちてきた♪

チャーンス(≧∇≦)

みんなクリック頼みますよ~!!⇒にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

 

 

 

昨日お灸をすえた内容について

 

 

いただいたメールなのですが、

「○○さんはこうだと言ってます。かなもりさんはどうですか?」

という内容です。

 

 

1回目はちゃんと答えました。

 

 

悩んでいる方は、

どうしても困って意を決して私に質問してくれているのだろうし、

その熱意に答えたいので、

どんな質問にも答えてます。

 

たまにはブログをお休みしてでも(´~`ヾ)

 

 

 

幸い投資判断、

「今のコールは買いですか?売りですか?」

なんてサイトポリシーに挙げているような困った質問は、

過去のコメント欄に一回もらったくらいでほとんど来てないので、

私の【意見】をシッカリと書かせてもらっています。

 

 

 

メールで相談いただいた中には

「これからどうしたらいいか分からない」

という抽象的な悩みを相談してくださった方がいて、

その方に対していくつか質問をして

何が悩みなのか明確にさせていただきました。

 

 

今その方は学ぶべき方向性が見えて

一生懸命取り組み中です(^^)

 

 

 

 

1回目の質問のときは「かなもりさんどう思いますか?」

について私なりの考えを答えました。

 

 

 

その方はいろいろな人に聞いたんでしょうね。

それで一巡してまた戻ってきてしまいました(^^;)

 

 

2回目の質問は、

1回目とはちょっと視点が違うものの、

「かなもりさんどう思いますか?」

となっていたため、

これはちょっと物申したい(´・ω・`)と思ってお灸をすえました。

 

 

この方は相当悩んで、

さまざまな意見を聞きたいんでしょう。

 

特に新しいことに取り組むときは、

どうしたら言いか本当に分からなくて助言してくれる人には手当たり次第聞きたい。

この気持ちは分かります。

 

 

 

ただ、得てしてこういう方はすでに答えを持っていることが多い

 

その答えに合う意見を言ってくれる人を探している。

そういう場合がよくあります。

 

 

 

今回の方が当てはまるかわかりませんが、

せめて

「私はこうだと思います。かなもりさんどう思いますか?」

というように

間違ってても良いから自分なりの意見を持ってて欲しかった。

 

 

 

一応お灸をすえながらも

私の意見を書かせてもらいました。

 

また巡礼の旅に出てしまわないように、

私がちゃんと言ってあげたほうが良いかと思って。

 

 

 

みなさんも自分の意見を持ちましょう。

間違ってても良いから。

 

間違っているかどうかは

検証してみればいいんです。

 

ただやみくもに聞きまわるより、

仮説を立てて相手にYesNoで質問したほうが、

自分のためになるし、間違いがあったらクリアになりやすいです。

 

 

 

 

あとがき

 

 

今日は柄にも無く

説教じみたブログになってしまいました(^^;)

 

ただ質問してきた方のためを思って

あえて苦言を呈したんだという意図を分かって欲しくて、あえて記事にしました。

 

 

引き続き、メールでの問い合わせは歓迎ですよ\(^▽^)/

そのうちブログに載せちゃうかもですけどね(^^)

 

 

 

 

■注意事項■

 

※当ブログは筆者の個人的な見解を示すものにすぎません。掲載しているデータの収集とその分析についても、筆者の個人的な視点に基づく分析であり、その有効性を保証するものではありません。解説においては、筆者の独自の視点で学習目的のために事例を簡略化している場合があるため、資料の中で紹介される事例は実際の相場とは異なる場合があります。取引事例についても、完全に再現しているものではなく、かつ、その有効性を担保するものではありません。また、本資料に含まれる記述や情報については十分精査しておりますが、その内容に関して筆者は一切責任を負いません。

 

※当ブログは過去の市場分析と戦略案を検討するものでありますが、取り上げている投資戦略についてはシミュレーション上のものであり、確実にそのような結果が出ることを示すものではありません。また、相場状況によっては損失が出ていた可能性も十分にあり得ます。当該シミュレーション結果が解説の中で説明した戦略の優位性や利益を保証するものではありません。よって、その内容を将来に当てはめて利益が出ることを保証するものではありません。投資手法の有効性などにつきましては、読者の皆様において十分に内容をご精査いただき、商品の特性、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分にご理解いただいたうえで、ご自身の投資判断と責任でお取引いただくようお願いします。

 

※株式取引(米国株式)、オプション取引(米国株オプション取引)においては、株式相場、為替相場の変動等によって損失が生じるおそれがあります。お取引に際しては、あらかじめお取引先の金融商品取引業者等より交付される契約締結前交付書面等を十分にお読みいただき、商品の性質、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分に御理解いただいたうえで、御自身の判断と責任でお取引いただきますようお願い申し上げます。

 

関連記事

メルマガに登録するだけでオプション取引に関する情報が届きます。 メールマガジン登録はこちら
TOP
TOP