損益分解について

投稿者名:金守遼太

 

 

損益分解について、

理解できましたでしょうか?

 

質問をいただきました。

 

> いつもためになるメールをありがとうございます。

> よくわからなかったところが、すごく理解でき、感謝です。

>

> ところで、すいません、教えて下さい。

> コールのOTM売りをSQまで持っていて、それを損益分解しますと、

> IVがOTMのためか、めちゃ高い数字になり、計算が合いません。

> ・SQまで持つので誤差が大きいのでしょうか?

> ・SQ付近のOTMのIVが異常なのでしょうか?

> ・そもそもSQに近づくとOTMほどIVが上昇するのはなぜですか?

> (いわゆるボラティリティスマイルです)

> マーケットの期待が大きいからと聞きましたが、

> OTMほどITMになりにくいのでは??

 

 

 

 

> ・SQまで持つので誤差が大きいのでしょうか?

 

そうですね。

SQに近づくに従って、

リスク指標の数値の信頼性が無くなり、

理論的な価格と違ってきたりします。

 

なのでSQ前の3日くらいから

プレミアムよりセータが大きい(!)

というおかしな状況が生まれます。

 

 

 

セータがSQ間際に異常に大きくなっても、

それをおかしいとして放っておくと大変です。

 

その時はガンマも異常に増大してますから。

 

 

そこで大暴落が起きたら・・・

もしかすると先物に匹敵するくらいの

損失が出るかもしれません。

 

 

 

具体的にどの数値がおかしくなるかは

その時の状況次第ですが、

特にSQ間際にはこういうことが起きるということを

知っておいたほうが良いですよ。

 

 

 

 

 

> ・SQ付近のOTMのIVが異常なのでしょうか?

 

IVが異常ということは表現としてちょっと違くて、

プレミアムが理論値より大幅に高いため

IVが異常に(思えるほど)高くなるということですね。

 

 

 

 

 

> ・そもそもSQに近づくとOTMほどIVが上昇するのはなぜですか?

> マーケットの期待が大きいからと聞きましたが、

> OTMほどITMになりにくいのでは??

 

 

確かにOTMほどITMになりにくいのは事実です。

 

なかなか伝え方が難しいですが、

例えばATMが9000円だとして、

8000円のOTMは離れていてITMにならなさそうですよね。

 

この時のSQ時にITMになる確率、

つまりデルタが10だとしましょう。

 

 

 

理論的には10%の確率しかITMにならないとしても、

絶対ならないとは言い切れませんよね?

 

それが行って来いの一瞬をとらえて

1000円の大暴落した瞬間にSQを迎えたら?

 

そう考えると、

「SQというこの一瞬」

にITMになる確率というのは、

10%より高くなるかもしれない。

 

 

 

 

それが平均的に1000円下がるのは望めないけど、

一瞬のSQにだけ1000円下がることは、

無くはない(かもしれない)。

 

そう思う人がオプションを買っていると考えると、

期待する人が多くなれば

理論価格よりプレミアムが高くなっていきますよね?

 

 

つまり10%の期待値ではなく、

12%くらい期待する・・・となれば、

OTMのほうがITMになる確率は低いけれど、

同じオプションで相対的に見れば

10%に対して12%になったら高く感じますよね。

 

 

 

 

そうすると、

普段はF-OTMなんて見向きもしないけど、

SQ間際になると「賭け」する人が多くなる。

 

だからスマイルが

起きるんじゃないかと思っています。

 

 

 

 

 

真実は合っているかわかりませんが、

私はこういう風に考えていますよ。

 

相場はいろんな考えを持った人が

プレーヤーになっています。

 

理論的に動く人ばかりじゃないので、

このような「期待」をもってトレードする人も

いっぱいいるということでしょうね。

 

 

 

 

回答に対するお返事をもらいました(^^)

 

> お忙しいなか、早々にお返事ありがとうございました。

>

> 特に、

> 「 IVが異常ということは、 プレミアムが理論値より大幅に高いため」

> 「 同じオプションで相対的に見れば、

> 10%に対して12%になったら高く感じますよね。」

> が、目から鱗でした!

>

> 理論的に何となくわかっていたつもりでしたが、よく理解できました。

> このあたりは本やネットで調べてみてもよくわからなかった場所でして、

> すごく助かりました。ありがとうございました。

>

> これからも頼りにしております。がんばって下さいね。

 

 

これからもがんばります♪

 

 

 

 

 

 

 

■注意事項■

 

※当ブログは筆者の個人的な見解を示すものにすぎません。掲載しているデータの収集とその分析についても、筆者の個人的な視点に基づく分析であり、その有効性を保証するものではありません。解説においては、筆者の独自の視点で学習目的のために事例を簡略化している場合があるため、資料の中で紹介される事例は実際の相場とは異なる場合があります。取引事例についても、完全に再現しているものではなく、かつ、その有効性を担保するものではありません。また、本資料に含まれる記述や情報については十分精査しておりますが、その内容に関して筆者は一切責任を負いません。

 

※当ブログは過去の市場分析と戦略案を検討するものでありますが、取り上げている投資戦略についてはシミュレーション上のものであり、確実にそのような結果が出ることを示すものではありません。また、相場状況によっては損失が出ていた可能性も十分にあり得ます。当該シミュレーション結果が解説の中で説明した戦略の優位性や利益を保証するものではありません。よって、その内容を将来に当てはめて利益が出ることを保証するものではありません。投資手法の有効性などにつきましては、読者の皆様において十分に内容をご精査いただき、商品の特性、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分にご理解いただいたうえで、ご自身の投資判断と責任でお取引いただくようお願いします。

 

※株式取引(米国株式)、オプション取引(米国株オプション取引)においては、株式相場、為替相場の変動等によって損失が生じるおそれがあります。お取引に際しては、あらかじめお取引先の金融商品取引業者等より交付される契約締結前交付書面等を十分にお読みいただき、商品の性質、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分に御理解いただいたうえで、御自身の判断と責任でお取引いただきますようお願い申し上げます。

 

関連記事

メルマガに登録するだけでオプション取引に関する情報が届きます。 メールマガジン登録はこちら
TOP
TOP