小田急線の特別急行って反則だよ・・・( ̄Д ̄;)

投稿者名:金守遼太

 

今日は、オプショントレードとは離れて、

自分磨きと世間を知るための  (←といっても怪しいものではありませんよ(^^;))

セミナーに   (←だから怪しいものじゃありませんよ!(´ヘ`;)

に行ってきました。

 

 

会場は狛江市で小田急線の和泉多摩川駅下車。

 

実は私は以前小田急線をよく利用していたので、勝手知ったるナントカで、

普通に

「急行に乗れば成城学園前で降りて各駅停車だな」

と考えて急行に乗りました。

 

 

そのまま車掌さんの案内なんか聞いているはずも無く、

本を読みふけっていたら、

なんと下北沢の先が新百合ヶ丘!!!

 

 

おいおい成城学園前、登戸、向ヶ丘遊園はどうしたんだよ~( ̄□ ̄!)

そんな特別急行なんて昔無かったはずなのに~~。

 

ということで、和泉多摩川を素通りして遙か先の

新百合ヶ丘駅まで行ってしまいました(・∀・)

 

 

 

まぁ時間に余裕を持って向かったので新百合ヶ丘駅でUターンしてセミナー開始までは

間に合にあったからよかったのですが、

開始3分前という、ビジネスマン失格みたいなギリギリの時間でしたよ。。。

 

 

ということで、無事セミナーを受講しいろいろと情報を得て自分磨きをしてきました。

 

 

みなさんは自己投資していますか?

自己投資こそ最も効率のいい投資先ですよ( ̄ー ̄)

 

 

今回のセミナーはオプショントレードとは関係ないので、

直接今後のトレードに影響するものではありませんが、

そうした日々の自己研鑽の積み重ねが

ゆるぎないトレードスタンスを生み出せるベースの一つになるのかななんて感じています。

 

 

 

セミナー終了後、近くに座った方2人とお茶をしながら雑談をしましたが、

オプショントレードとはまったく別の世界の話を聞くことができ、

ぶっちゃけセミナー以上に有意義な時間がすごせました。

 

結構私の視野は狭いんだなと思いながら、

興味深く話を聞かせてもらいましたね。

 

 

一応私がブログをやっていることと、アドレスは225option.netですと伝えて、

もちろん「ランキングクリックしてね~」とお願いして去りましたが、

そういえば名前すら言ってなかったから大丈夫かな???と思ってたり。

まー顔出してるからそれで判断していただければ(汗

 

●●さん、ブログの記事はこんなのでも

書き続ければいろいろ書きたいことが出てきますよ~(^^)

 

 

編集後記

 

新宿の駅構内で、小田急線からJRに乗り換えるときに、

ある青年がイヤホンで音楽を聴きながら傘を横にして持って歩いていました。

 

地面と水平にして、後ろの人が危ない状態ですね。

 

 

そしたらその後ろにいたおばさんが(おばあさんに近いかな?)

わざわざ肩をたたいて青年を呼びとめ、

「傘をそうやって持つと危ないよ」

と注意していました。

 

 

その光景を見てたのはほんの1秒ほどで、

歩きながら見たのでその先はどうなったか分かりませんが、

新宿という人との関わりがほとんど無いような街でそんな風景を見たのがすごい意外でした。

 

それと同時になんかほっこりする気分になりましたね(*^▽^*)

 

 

 

 

■注意事項■

 

※当ブログは筆者の個人的な見解を示すものにすぎません。掲載しているデータの収集とその分析についても、筆者の個人的な視点に基づく分析であり、その有効性を保証するものではありません。解説においては、筆者の独自の視点で学習目的のために事例を簡略化している場合があるため、資料の中で紹介される事例は実際の相場とは異なる場合があります。取引事例についても、完全に再現しているものではなく、かつ、その有効性を担保するものではありません。また、本資料に含まれる記述や情報については十分精査しておりますが、その内容に関して筆者は一切責任を負いません。

 

※当ブログは過去の市場分析と戦略案を検討するものでありますが、取り上げている投資戦略についてはシミュレーション上のものであり、確実にそのような結果が出ることを示すものではありません。また、相場状況によっては損失が出ていた可能性も十分にあり得ます。当該シミュレーション結果が解説の中で説明した戦略の優位性や利益を保証するものではありません。よって、その内容を将来に当てはめて利益が出ることを保証するものではありません。投資手法の有効性などにつきましては、読者の皆様において十分に内容をご精査いただき、商品の特性、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分にご理解いただいたうえで、ご自身の投資判断と責任でお取引いただくようお願いします。

 

※株式取引(米国株式)、オプション取引(米国株オプション取引)においては、株式相場、為替相場の変動等によって損失が生じるおそれがあります。お取引に際しては、あらかじめお取引先の金融商品取引業者等より交付される契約締結前交付書面等を十分にお読みいただき、商品の性質、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分に御理解いただいたうえで、御自身の判断と責任でお取引いただきますようお願い申し上げます。

 

関連記事

メルマガに登録するだけでオプション取引に関する情報が届きます。 メールマガジン登録はこちら
TOP
TOP