今日も幻のSQでしたね・・・

投稿者名:金守遼太

 

今日も幻のSQでしたね。

 

幻のSQとは・・・SQ日の高値がSQ値を超えないこと。下回らないこ時にも使います。

 

SQ値を超えて日経平均が推移すれば比較的相場が強く、

SQ値を下回って推移すれば相場が弱いとされます。

 

ポチっとお願い(-人-)

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

 

 

 

始値とSQ値の関係

 

 

心理的なフシ目として証券会社のレポートでも幻のSQという言葉が好んで使われることが多く、

「みんながそう思うから日経平均もそうなるんだ」的な考えでいけば、

市場参加者がフシ目として思えば思うほど現実になるという「証券会社の思惑??」のような言葉。

 

 

今日のSQ値は9636.23円。

高値は9610.59円だったので、今日は幻のSQです。

 

 

 

以前の記事でも書いたのですが、

寄付き値とSQの間で、結構開きがあるな~。

誰かそれを検証したサイト知らないかな~。

 

と書いていたのですが特に連絡も無いため(泣

自ら検証しちゃいました\(^▽^)/

 

  限月   日経平均株価始値 SQ値
7月 9,601.62     9636.23        34.6   
6月 9,701.32 9747.59 46.3
5月 10,453.40 10435.41 -18.0
4月 11,174.62 11146.95 -27.7
3月 10,777.49 10808.74 31.3
2月 10,085.35 10099.59 14.2
1月 10,743.30 10798.75 55.5

 

この結果からわかること。

 

 

 

・・・思ってたより開きが無いですね(^^;)

前の記事で100円なんてテキトーなコメントしていてゴメンナサイm(_ _)m

 

 

ただ、1月、6月に約50円の開きがあります。

また、今年だけで見てもプラスが5回、マイナス2回とプラスが優勢。

 

 

 

本気で検証するには前日終値、ダウ平均の推移、高値と終値など

全体的に比較しないといけないのですが、

ざっくりやっただけでもなかなか有益な検証結果が出た気がします。

 

 

なんとなくわかること

・始値が権利行使価格ちょうどであっても、±50円はブレる可能性あり

・逆に±20円未満の時はあまり無い

 

ということは・・・

 

 

 

前日終値が権利行使価格ちょうどだった場合、

ランダムウォークで次の日の始値の上下の確率50%であっても、SQ値は50%ではない。

(2010年だけで見ると上ブレする確率は71%!!(゜▽゜;))

ショートストラドルでコール・プット共にちょうどアット・ザ・マネー(ATM)だ!

と喜んでいても±20円は移動すると思ったほうがいい。

 

SQ前日引け付近でコールを買うと、結構おいしいカモ♪

 

 

※真剣に検証しているわけじゃないので、あまり信用しないよーに!

 

 

編集後記

 

 

ここまでは道しるべを出したので、

この先のもっと突っ込んだ検証を誰か書いて(-人-)

 

 

 

 

■注意事項■

 

※当ブログは筆者の個人的な見解を示すものにすぎません。掲載しているデータの収集とその分析についても、筆者の個人的な視点に基づく分析であり、その有効性を保証するものではありません。解説においては、筆者の独自の視点で学習目的のために事例を簡略化している場合があるため、資料の中で紹介される事例は実際の相場とは異なる場合があります。取引事例についても、完全に再現しているものではなく、かつ、その有効性を担保するものではありません。また、本資料に含まれる記述や情報については十分精査しておりますが、その内容に関して筆者は一切責任を負いません。

 

※当ブログは過去の市場分析と戦略案を検討するものでありますが、取り上げている投資戦略についてはシミュレーション上のものであり、確実にそのような結果が出ることを示すものではありません。また、相場状況によっては損失が出ていた可能性も十分にあり得ます。当該シミュレーション結果が解説の中で説明した戦略の優位性や利益を保証するものではありません。よって、その内容を将来に当てはめて利益が出ることを保証するものではありません。投資手法の有効性などにつきましては、読者の皆様において十分に内容をご精査いただき、商品の特性、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分にご理解いただいたうえで、ご自身の投資判断と責任でお取引いただくようお願いします。

 

※株式取引(米国株式)、オプション取引(米国株オプション取引)においては、株式相場、為替相場の変動等によって損失が生じるおそれがあります。お取引に際しては、あらかじめお取引先の金融商品取引業者等より交付される契約締結前交付書面等を十分にお読みいただき、商品の性質、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分に御理解いただいたうえで、御自身の判断と責任でお取引いただきますようお願い申し上げます。

 

関連記事

メルマガに登録するだけでオプション取引に関する情報が届きます。 メールマガジン登録はこちら
TOP
TOP