5月変形バタフライの損益経過

投稿者名:金守遼太

 

今日は長いGW明け最初の出勤日でした。

 

山ほど仕事を残してGWに突入し、

いいカンジに仕事のことを忘れていただけに、

あまりの山盛りボリュームにがっくりorz

 

連休ムードも覚めやらぬままお仕事こなして

家に帰ってポストを見たら、さらにがっくりorz

家のポストに入っていたものは・・・続きは編集後記で。

 

<今日のコンテンツ>

■5月SQのトレード状況

■編集後記

 

5月SQ変形バタフライの損益経過

 

 

5月SQ期限の変形ロングバタフライ(バタフライ買いのポジション)

の途中経過です。

 

過去のトレードは目次から。

 

 

「敗北宣言!」したものの、少しだけポジションを保有していますので

その進捗報告です。

 

先週の流れをうけて今日は軟調になるか、なんて昨日は予測していましたが、

一転上昇して引けましたね。

 

しかも夕場で10710円まで上昇し、

先週の下落分を取り戻すかの勢いです。

 

 

本当にここ数日の相場はなんなんでしょうね・・・。

最近ではまれにみる荒れ相場ですね。

 

<保有ポジション>

5C10750×1

5C11000×-5

5C11500×2

 

おや?と思った方は過去記事を読んでいる方!

ありがとうございます!

そうです。ポジションサイズが変わっているんです。

 

 

実は金曜日の下落時に5C1100を3枚売っています。

さらに、連休前に転売したはずの5C11500が

1枚売れていなくてのこってしまっています。

 

 

このポジションでリスク感応度チェック。

このようになりました。

 

・5/10

日経平均先物終値:10540 (4/28比▼400)

値洗い:-22

<合成ポジション>

デルタ ガンマ セータ ベガ
-25 -15 34 -5

 

今記事を書いている時点のシカゴ先物市場(CME)の

日経平均先物が10715円となっており、

続伸する可能性が高いです。

 

11000円は超えるはずが無いだろうと思って

5C11000を売って資金の回収を図ろうと目論んだのですが、

このまま上昇したらどうしましょう!?

というポジションになってしまいました。

 

リスク管理の面からはいただけないことをしております。

 

編集後記

 

家のポストに入っていたもの。

それは

 

自動車納税通知書

 

私はインプレッサワゴンのオーナーでして、

年に1度の自動車税納付がやってきてしまいました。

 

2リッター車なので39500円 ・ ・ ・ ・ ・プレミアムでいったら約-40。

 

5P10250@45 を1枚売ったら回収できるな・・・

なんて考えたあなた!

オプショントレードにハマっている証拠ですよ!

 

今プットの10250なんて怖くてネイキッド売りできませんよねぇ。

 

 

 

 

■注意事項■

 

※当ブログは筆者の個人的な見解を示すものにすぎません。掲載しているデータの収集とその分析についても、筆者の個人的な視点に基づく分析であり、その有効性を保証するものではありません。解説においては、筆者の独自の視点で学習目的のために事例を簡略化している場合があるため、資料の中で紹介される事例は実際の相場とは異なる場合があります。取引事例についても、完全に再現しているものではなく、かつ、その有効性を担保するものではありません。また、本資料に含まれる記述や情報については十分精査しておりますが、その内容に関して筆者は一切責任を負いません。

 

※当ブログは過去の市場分析と戦略案を検討するものでありますが、取り上げている投資戦略についてはシミュレーション上のものであり、確実にそのような結果が出ることを示すものではありません。また、相場状況によっては損失が出ていた可能性も十分にあり得ます。当該シミュレーション結果が解説の中で説明した戦略の優位性や利益を保証するものではありません。よって、その内容を将来に当てはめて利益が出ることを保証するものではありません。投資手法の有効性などにつきましては、読者の皆様において十分に内容をご精査いただき、商品の特性、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分にご理解いただいたうえで、ご自身の投資判断と責任でお取引いただくようお願いします。

 

※株式取引(米国株式)、オプション取引(米国株オプション取引)においては、株式相場、為替相場の変動等によって損失が生じるおそれがあります。お取引に際しては、あらかじめお取引先の金融商品取引業者等より交付される契約締結前交付書面等を十分にお読みいただき、商品の性質、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分に御理解いただいたうえで、御自身の判断と責任でお取引いただきますようお願い申し上げます。

 

関連記事

メルマガに登録するだけでオプション取引に関する情報が届きます。 メールマガジン登録はこちら
TOP
TOP