ベガからの損益を計算するときの基準IVは?

投稿者名:金守遼太

 

ベガの基準IVについて質問をいただきました。

以前の記事では「ベガは合算すると計算が合わなくなることがある」と説明しましたよね。

これに関連する内容です。

 

> IVはそれぞれのオプションの個別のものなので、

> 売っているオプションのIVが3%上がっても、買っているIVが1%しか上がらなかった場合は、

> 合算でベガプラスでも損失になっている場合もあります。

>

> 売りOPが3枚でベガの合計が-11 買いOPが2枚でベガの合計が+15だった場合、

> (カレンダーを組むとこんな感じになると思います)トータルではベガプラスですが、

> 売っているOPのIVが3%上がったので、損失は33円。これに対し、

> 買っているOPのIVは1%しか上昇していないので、+15円しかありません。 

>

> リスクパラメータでベガプラスで、IVも上がったのに損失になってしまっています。

> こうなってしまうので、合算して管理するとやっかいなことになると思います。

> また、「ポジションを組んだ時よりもIVが2%あがりました」という場合、

> 何を基準にすればよいのか?がわかりません。

>

> 先ほどの例のように、売っているOPのIVが3%上がり、

> 買っているOPのIVが1%上がったときは何%上がった(または下がった)となるのでしょうか? 

>

> この計算方法なども教えていただきたいです。

 

 

この場合は前回の記事でもお伝えしたように、

それぞれのIVでベガから損益を計算して、それを合計しましょう。

 

デルタ・ガンマは日経平均、セータは時間の経過という

どのオプションでも全く同じ条件だからこの3つについては合算できますが、

ベガについては変動の対象であるIVがオプションそれぞれになっているため、

厳密に計算するなら1つずつ算出するしかありません。

 

そこまで厳密にやらなくても損益に重大な影響がなければ、

他のリスク指標と同じように合算して計算してもいいでしょう。

 

 

 

 

質問にもありましたように、

カレンダー系のスプレッドを組んだ時に影響が出やすいですよね。

 

というのは同限月間でスプレッドを組む場合は

全体的にIVが上がったり下がったりしやすいため動きの関連が多少ありますが、

異限月になると期近だけ反応して期先が動かないということもあり得ます。

 

 

 

> また、「ポジションを組んだ時よりもIVが2%あがりました」という場合、

> 何を基準にすればよいのか?がわかりません。

 

私はこれまでIVの差によるベガまでほとんど考慮していなかったため、

上記のような説明をしてきました。

 

 

 

でも本当は質問者さんが書いているように、

 

 

> 売っているOPのIVが3%上がったので、損失は33円。これに対し、

> 買っているOPのIVは1%しか上昇していないので、+15円しかありません。 

 

 

1つずつ計算して合計するほうが正確ですよね。

 

 

 

 

だから最後の質問の答えは、

 

> 先ほどの例のように、売っているOPのIVが3%上がり、

> 買っているOPのIVが1%上がったときは何%上がった(または下がった)となるのでしょうか? 

 

それぞれのオプションごとに上がり下がりがあるので、

厳密に計算する必要があれば一言でまとめられない。

が答えになるのかなと思います。

 

 

同限月間のスプレッドだったら

多少合計して計算を簡略化してもいいかもしれませんけど、

そこはトレーダー自身でどのような計算をするかによりますね。

 

 

 

このIVの異なる動きをうまくトレードにつなげれば

利益を見込めるんじゃないかという考えが

ボラティリティを売買する、っていうことなんでしょうね。

 

 

 

 

■注意事項■

 

※当ブログは筆者の個人的な見解を示すものにすぎません。掲載しているデータの収集とその分析についても、筆者の個人的な視点に基づく分析であり、その有効性を保証するものではありません。解説においては、筆者の独自の視点で学習目的のために事例を簡略化している場合があるため、資料の中で紹介される事例は実際の相場とは異なる場合があります。取引事例についても、完全に再現しているものではなく、かつ、その有効性を担保するものではありません。また、本資料に含まれる記述や情報については十分精査しておりますが、その内容に関して筆者は一切責任を負いません。

 

※当ブログは過去の市場分析と戦略案を検討するものでありますが、取り上げている投資戦略についてはシミュレーション上のものであり、確実にそのような結果が出ることを示すものではありません。また、相場状況によっては損失が出ていた可能性も十分にあり得ます。当該シミュレーション結果が解説の中で説明した戦略の優位性や利益を保証するものではありません。よって、その内容を将来に当てはめて利益が出ることを保証するものではありません。投資手法の有効性などにつきましては、読者の皆様において十分に内容をご精査いただき、商品の特性、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分にご理解いただいたうえで、ご自身の投資判断と責任でお取引いただくようお願いします。

 

※株式取引(米国株式)、オプション取引(米国株オプション取引)においては、株式相場、為替相場の変動等によって損失が生じるおそれがあります。お取引に際しては、あらかじめお取引先の金融商品取引業者等より交付される契約締結前交付書面等を十分にお読みいただき、商品の性質、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分に御理解いただいたうえで、御自身の判断と責任でお取引いただきますようお願い申し上げます。

 

関連記事

メルマガに登録するだけでオプション取引に関する情報が届きます。 メールマガジン登録はこちら
TOP
TOP