セータは1日あたりのタイムディケイを表す数字

投稿者名:金守遼太

 

今日は祝日、

相場はお休みでしたね♪

 

私は普通に会社に出勤でした( ̄Д ̄;)

 

カレンダー上で休みになっていないので、

みんな当然のように出勤ですよ(´・ω・`)

 

 

それでは今日はセータのお勉強(^^)

 

 

 

セータは1日のタイムディケイ

 

 

昨日のタイムディケイの記事で、

ほとんど言いたいことは出尽くしました(^^;)

 

なのでもうちょっと違う視点から

アプローチしてみたいと思います( ̄ー ̄)

 

 

 

 

セータ(タイムディケィ)と市場の変動(ガンマ)は

常に反対の符号になり、動か静のいずれかを示します。

 

一般的な原則として、オプションのポジションでは

ガンマとセータの記号が逆になるんですよ(^^)

 

 

なんで!?と言われても、

オプションとはそういうものだ、と認識されたらいいんじゃないでしょうか(汗)

 

ココを突き詰めるとブラックショールズ式を

数学的に解いていくことになると思いますので、

気になる方はどうぞ(*’ー’*)

 

 

 

 

アット・ザ・マネー(ATM)を例に挙げると、

大きなプラス値のガンマは大きなマイナス値のセータと連動し、

大きなマイナス値のガンマは大きなプラス値のセータと連動します。

 

あ、小さいガンマのときはもちろんセータも小さくなりますよ(^^;)

 

 

 

昨日のタイムディケイのところで、

SQが近づくとタイムディケイは加速し始めるって話をしましたよね?

 

下のグラフのように、セータの値はSQの瞬間に最大となります。

一方で、先ほどの説明に挙げた

「大きなマイナス値のガンマは大きなプラス値のセータと連動する」

これを適用すると、

SQが近づくほどアット・ザ・マネー(ATM)のオプションのガンマは

大きくなっていくことになります(゜▽゜;)

 

 

つまりオプションは

市場の変動とタイムディケイの二律背反だということになります。

 

 

 

 

原資産の価格変動がトレーダーに有利である場合(ガンマがプラス値)、

時間の経過は不利になります(セータがマイナス値)。

 

その逆も同じ。

 

セータのプラス幅が大きければ、

それはガンマのマイナス幅が大きいことを意味します。

 

 

 

両者の値が必ずイコールになるわけではありませんが、

(SQ直前ではセータのほうが大きくなったり)

傾向としては同じくらいの大きさになることが多いです。

 

 

 

両者が同調することはないです。

市場の変動を望むか、静止を望むか。

 

変動してもプラスで時間が経過してもプラス、なんて矛盾している現象を探すのは

あまり意味が無いですよ(^^;)

 

それを突き詰めるとガンマもセータも0の原資産が唯一の答えになっちゃうかも(*’ー’*)

 

 

オプションとはこういうものです。

こういう性質の金融商品を扱っているということを認識しましょう。

 

 

 

 

 

あとがき

 

 

私が口座を持っている楽天証券では、

マーケットアローといってオープニング前から寄り付き、

前場終了大引けと、

そのときのトピックスやNYダウの終値とCME日経平均をメールで知らせてくれます。

 

私は携帯に送る設定にしているので、

サラリーマンでも大体相場を把握できます。

 

といっても全部受信すると一日7通くらい?になっちゃうので

減らしてますけど(^^;)

 

 

ポジションを持っているときは、

このマーケットアローが待ち遠しいのですが、

たま~に

「あれっ?今日は来ないぞ(´・ω・`)」

なんて思うと、

その日は祝日で相場がお休みだったりします(^^;)

 

 

今日はちゃんと頭に入ってましたけど、

日本の祝日およびアメリカの祝日は、気をつけたいポイントですね。

 

 

思わぬ落とし穴にならないよう・・・(ノ_-。)

 

 

 

 

■注意事項■

 

※当ブログは筆者の個人的な見解を示すものにすぎません。掲載しているデータの収集とその分析についても、筆者の個人的な視点に基づく分析であり、その有効性を保証するものではありません。解説においては、筆者の独自の視点で学習目的のために事例を簡略化している場合があるため、資料の中で紹介される事例は実際の相場とは異なる場合があります。取引事例についても、完全に再現しているものではなく、かつ、その有効性を担保するものではありません。また、本資料に含まれる記述や情報については十分精査しておりますが、その内容に関して筆者は一切責任を負いません。

 

※当ブログは過去の市場分析と戦略案を検討するものでありますが、取り上げている投資戦略についてはシミュレーション上のものであり、確実にそのような結果が出ることを示すものではありません。また、相場状況によっては損失が出ていた可能性も十分にあり得ます。当該シミュレーション結果が解説の中で説明した戦略の優位性や利益を保証するものではありません。よって、その内容を将来に当てはめて利益が出ることを保証するものではありません。投資手法の有効性などにつきましては、読者の皆様において十分に内容をご精査いただき、商品の特性、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分にご理解いただいたうえで、ご自身の投資判断と責任でお取引いただくようお願いします。

 

※株式取引(米国株式)、オプション取引(米国株オプション取引)においては、株式相場、為替相場の変動等によって損失が生じるおそれがあります。お取引に際しては、あらかじめお取引先の金融商品取引業者等より交付される契約締結前交付書面等を十分にお読みいただき、商品の性質、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分に御理解いただいたうえで、御自身の判断と責任でお取引いただきますようお願い申し上げます。

 

関連記事

メルマガに登録するだけでオプション取引に関する情報が届きます。 メールマガジン登録はこちら
TOP
TOP