カレンダースプレッドはベガトレード?

投稿者名:金守遼太

カレンダー系の質問です。

オプション投資家養成塾生さんからです。

 

> カレンダー系って、よく教科書などでは
> ベガトレードをする際の代表的なポジション
> みたいな言われ方をしますよね。

> でも、どちらかといえばベガトレードというより
> デルタトレードの要素のほうが強いポジション
> だと思うんです。

> たしかに、IVの上下で
> 損益曲線の山が上がったり下がったり
> することは分かります。

> でも、なんと言ったらいいのか、、、、
> それはあくまで「おまけ」みたいなもので、

> 結局は、手仕舞いの時点で
> 「権利行使価格に近づいたのか離れたのか」が
> 勝敗を決める最も大きな要素になってませんか?

> これまでカレンダー系の勉強をしてきて
> そんな感覚を持っているんですが、

> このような考え方は、
> カレンダー系ポジションの捉え方として
> 間違っているでしょうか?
 

そう。
カレンダー系だけを抜き出せばです。

 

これまでに私たちは
デルタヘッジの手段を学びましたよね。

 

ということはカレンダー系でデルタヘッジをしたら

デルタトレードではなくなると思いませんか?

その1つの事例として
1:2(+ミニでデルタヘッジ)や
10:16というように
ベガだけ抜き出す方法があります。

 

教科書で説明されるカレンダー系はベガトレード、
これは本質ではそうなのですが、
デルタヘッジしなければ
おっしゃる通りデルタトレードの側面が大きいです。

 

この養成塾のように変則カレンダーにしたり、
デルタが傾いたらデルタヘッジするなんて手段を
テキストでは解説していないので
そのように感じるのだと思いますよ。

 

たいていの教科書はそこまで突っ込んでいない、
情報が一部足りていないのかと思います。

 

間違いではないのだけど、
もう少し解説が必要という感じですね。

 

 

 

> ですよね。
> やっぱりカレンダー系は
> デルタトレードの要素が強いポジションなんですね。

> 「オプショントレードはデルタリスクを取らない」
> のが基本だとしたら、
> やはり実際のトレードでは
> カレンダーを1つポツンと単品で建てるんじゃなく、

> 変則カレンダー+先物ヘッジで
> ベガだけを取り出したり、
> 上下両方にカレンダーを組んで
> デルタを打ち消したりしながら使うものなんですね。

> カレンダー系の性質というか
> 特徴みたいなものがまたひとつクリアになりました。
> ありがとうございました。

そうですね。

ただ建玉が増えたり管理が面倒であれば、
カレンダーを単発で入れてミニでヘッジというのも
考え方としては間違いではないです。

 

ポジションを追加するとそれだけリスクの大きさ、
それとリスクの取り方が異なるのですが、
どちらをとってもポジション自体の
優位性(組んだ瞬間利益になるとか)はないので、
どのくらいのリスクをどこで引き受けて利益に変えるのかを
考えてポジション化していくのがオプションの戦い方です。

 

だからカレンダー単発でも、
1:2のミニヘッジでも
どれが正しいかではなくて
どのポジションが自分が取りたいリスクを
適切に表しているかという目で見ると
今度はこれを応用して違う
リスクを取るポジションを見つけたり
出来るようになってくると思いますよ。

 

 

 

 

■注意事項■

 

※当ブログは筆者の個人的な見解を示すものにすぎません。掲載しているデータの収集とその分析についても、筆者の個人的な視点に基づく分析であり、その有効性を保証するものではありません。解説においては、筆者の独自の視点で学習目的のために事例を簡略化している場合があるため、資料の中で紹介される事例は実際の相場とは異なる場合があります。取引事例についても、完全に再現しているものではなく、かつ、その有効性を担保するものではありません。また、本資料に含まれる記述や情報については十分精査しておりますが、その内容に関して筆者は一切責任を負いません。

 

※当ブログは過去の市場分析と戦略案を検討するものでありますが、取り上げている投資戦略についてはシミュレーション上のものであり、確実にそのような結果が出ることを示すものではありません。また、相場状況によっては損失が出ていた可能性も十分にあり得ます。当該シミュレーション結果が解説の中で説明した戦略の優位性や利益を保証するものではありません。よって、その内容を将来に当てはめて利益が出ることを保証するものではありません。投資手法の有効性などにつきましては、読者の皆様において十分に内容をご精査いただき、商品の特性、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分にご理解いただいたうえで、ご自身の投資判断と責任でお取引いただくようお願いします。

 

※株式取引(米国株式)、オプション取引(米国株オプション取引)においては、株式相場、為替相場の変動等によって損失が生じるおそれがあります。お取引に際しては、あらかじめお取引先の金融商品取引業者等より交付される契約締結前交付書面等を十分にお読みいただき、商品の性質、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分に御理解いただいたうえで、御自身の判断と責任でお取引いただきますようお願い申し上げます。

 

関連記事

メルマガに登録するだけでオプション取引に関する情報が届きます。 メールマガジン登録はこちら
TOP
TOP