「値洗い」とはこんな意味で使ってます(^^)

投稿者名:金守遼太

 

今日は川越の友達のところへ、

子供と二人でドライブして行ってきました\(^▽^)/

 

いつも妻が横に乗っているから、

ぐずらないか心配でしたけど、いい子にしてました~(*’ー’*)

 

 

あ、昨日の記事に賛同していただいて、

ブログランキングのポイントがさらに増えていってます(*^▽^*)

 

今日も押していただけると嬉しいです!!⇒にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ

 

ただ他のブログも上がっているんですよね~(´ヘ`;)

オプショントレーダーが増えたのかな?

 

それはとても嬉しいことです(≧∇≦)

 

 

「値洗い」とは?

 

 

私がトレード記録で書いている【値洗い】という言葉ですが、

これについて説明します。

 

 

【値洗い】とは、

ストレートに言うと「含み益、含み損」のことです。

 

 

なので例えば10C9,000を300円で買ったとき、

資金は-300,000円になっていますが、

買った瞬間を値洗いベースで考えると±0です。

 

当然ですよね。

買った瞬間には何も起きないわけですから。

 

これをそのまま売れば

(仮に売れれば、ですよ。)

資金が+300,000円になるため、損益は±0円ですよね。

 

 

 

で、重要なのは資金が動いた数値ではなく、値洗いがどう変化するかです。

 

 

 

さっきの例で10C9,000を300円で買っていましたが、

これが10C9,000を300円で売っていたらどうでしょうか。

 

資金は+300,000円になりますよね。

 

 

資金が-300,000円になるオプションの買いと、

資金が+300,000円になるオプションの売り、

どちらが【値洗い】上有利ですか??

 

 

 

 

・・・答えは一緒。

オプションを売っても買っても、

その瞬間は値洗いが±0なので、当然どちらも同じですよね。

 

※証拠金までは考慮しなくて、ですよ(^^;)

あくまで値洗いベースで見たときの話です。

 

 

 

それで、買うか売るかしたあとに、

日経平均が動いたり時間が経過したときに、

初めて値洗いが変化します。

 

私がブログで挙げている値洗いは、

この日々の含み益or含み損を書いているわけです。

 

 

もう少し違う言葉で言うと、

今すべて決済したら収支はいくらになるか?

ということですね。

 

 

ブロガーさんによっては、

「実現損益」「確定損益」という言葉を使われていることもありますが、

私は【値洗い】という言葉で統一しています。

(それが真の表現なのかは別にして(・∀・))

 

 

 

結局は最後にトレードして手仕舞いをすると

【値洗い】=最終的に増減した資金

となり、それを最終損益として掲載しています。

 

 

 

けっこうこの考えって重要だと思ってます。

私はしばらくトレードしてから、あるとき実感が湧きました(゜▽゜;)

 

 

だって、最初は資金がマイナスになるロング系のポジションって怖くて、

資金が若干プラスになるようなレシオスプレッドとか

ファー・アウト・オブ・ザ・マネーの売りとかしたいじゃないですか(^^;)

 

それって資金の増減でしか考えてなく

値洗いで考えていないことが多いんですよね・・・。

 

日々の日経平均の動きや時間の経過などは値洗いに響いてくるので、

スプレッドポジションをとる場合には是非頭に入れて、

自分が気にするのは資金の増減なのか値洗いなのかを明確にして

トレードしていただきたいと思います。

 

 

 

 

あとがき

 

 

川越まで国道16号で約15分くらい。

(超ローカルネタ(≧∇≦))

 

その15分でも、

ぐずったりしないかと思ってひやひやものでした(゜▽゜;)

 

 

で、友達のところは4歳と2歳の子供がいて、

 

「あーー!赤ちゃんだーーーー!!!!!」

ホントこのくらいビックリマークが付くくらいおおはしゃぎ(^^;)

 

 

おかげでうちの子がビックリして大泣き(--;)

しばらくしたら慣れたので良かったですけど・・・。

 

帰りはその15分の間に眠ってしまったので、

初めてのところに行ってちびっ子ギャングに揉まれて、疲れたんだろうなぁ(*’ー’*)

 

 

 

 

■注意事項■

 

※当ブログは筆者の個人的な見解を示すものにすぎません。掲載しているデータの収集とその分析についても、筆者の個人的な視点に基づく分析であり、その有効性を保証するものではありません。解説においては、筆者の独自の視点で学習目的のために事例を簡略化している場合があるため、資料の中で紹介される事例は実際の相場とは異なる場合があります。取引事例についても、完全に再現しているものではなく、かつ、その有効性を担保するものではありません。また、本資料に含まれる記述や情報については十分精査しておりますが、その内容に関して筆者は一切責任を負いません。

 

※当ブログは過去の市場分析と戦略案を検討するものでありますが、取り上げている投資戦略についてはシミュレーション上のものであり、確実にそのような結果が出ることを示すものではありません。また、相場状況によっては損失が出ていた可能性も十分にあり得ます。当該シミュレーション結果が解説の中で説明した戦略の優位性や利益を保証するものではありません。よって、その内容を将来に当てはめて利益が出ることを保証するものではありません。投資手法の有効性などにつきましては、読者の皆様において十分に内容をご精査いただき、商品の特性、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分にご理解いただいたうえで、ご自身の投資判断と責任でお取引いただくようお願いします。

 

※株式取引(米国株式)、オプション取引(米国株オプション取引)においては、株式相場、為替相場の変動等によって損失が生じるおそれがあります。お取引に際しては、あらかじめお取引先の金融商品取引業者等より交付される契約締結前交付書面等を十分にお読みいただき、商品の性質、取引の仕組み、リスクの存在、手数料等を十分に御理解いただいたうえで、御自身の判断と責任でお取引いただきますようお願い申し上げます。

 

関連記事

メルマガに登録するだけでオプション取引に関する情報が届きます。 メールマガジン登録はこちら
TOP
TOP